「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1グランプリ2010【決勝戦】

2010/12/26(日)18:30~20:54
M-1グランプリ2010【決勝戦】

年々ちょっとずつアレになってきてると噂されてるけど、やっぱりその年の顔が決定される。

M-1グランプリ優勝という肩書きはネームバリューとして凄い威力を発揮するもんね。

日時12/26(日) 18:30~20:54
会場テレビ朝日内スタジオ
司会今田耕司 上戸彩
審査員島田 紳助 松本人志  南原清隆 大竹一樹 渡辺正行 宮迫博之 
中田カウス

そして決勝進出したのはこちら。


■決勝戦出番順■

No.4789 カナリア (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
No.4797 ジャルジャル (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
No.4802 スリムクラブ (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
No.4792 銀シャリ (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
No.4816 ナイツ (マセキ芸能社)
No.4835 笑い飯 (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
No.4818 ハライチ (ワタナベエンターテインメント)
No.3036 ピース (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)


このラインナップだと個人的には「ピース」に期待してます。

綾部というより又吉の何かが弾ければかなりいい線いくんじゃないでしょか。

ん~でも本当に予想するなら「笑い飯」?

次点で「ジャルジャル」ってとこか。

いやこの二組はどっちが優勝してもなんだか面白みがないような気もするな。

■M-1グランプリ公式サイト ココ!

ちなみに、ORICON STYLEでは過去9回のM-1決勝戦の中で「もう一度観たいネタは?」というアンケートを実施。

1位は“満場一致”で優勝を決めた【チュートリアル/2006年・優勝】

2位に【ブラックマヨネーズ/2005年・優勝】

3位には敗者復活枠から怒涛の勢いで大会を制した【サンドウィッチマン/2007年・優勝】と、今や押しも押されぬ人気芸人として活躍する3組がTOP3を占めた。
 
■ORICON STYLE


1位のチュートリアルだけど、書いてあるように完全優勝しました。

いやたしかにこれは郡を抜いてると思ったよ。

ということで、今日のM-1 2010決勝の前にチュートの動画でも観てみましょか。

■M-1 2006【冷蔵庫】


■M-1 2006【チリンチリン】


とっくんカッコいいすね。

そしてそのキャラクターのカオスっぷりは異常すぎる!

徳井に目がいきがちだけど、福ちゃんの進行とツッコミの間は地味に素晴らしい。

とりあえず今年のM-1も要チェックや!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。