「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガンプラビルダーズワールドカップ2011」の決勝大会【25日香港開催】各国代表作品

1980年の発売以来、国内で累計4億600万個(2011年3月現在)の売り上げを誇り、海外でも爆発的な販売数を記録している、機動戦士ガンダムのプラモデルシリーズ、通称ガンプラ。そんなガンプラ作りの腕前を競い、世界一のガンプラを決めるコンテスト「ガンプラビルダーズワールドカップ2011」の決勝大会が、12月25日(日)に香港のショッピングモール「DISCOVERY PARK HONG KONG」で開催されることになった。

今回の決勝大会には、日本をはじめ、中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリアなど、世界中の予選大会を勝ち抜いてきた傑作ガンプラ22体が大集結!

機体そのものを改造したガンプラから、ジオラマとセットになった臨場感抜群のガンプラまで、個性豊かな作品がずらりとそろっていて、見た目にも非常に楽しいイベントとなっている。

また、出展されているガンプラも「ガンダム00」や「ガンダムUC」といった最新のものから、「機動戦士ガンダム」「Zガンダム」「逆襲のシャア」といった宇宙世紀シリーズ、さらにはガンプラそのものを主役にした「ガンプラビルダーズ」のベアッガイなど、実に様々だ。

このことからもガンプラが世代や国籍を問わず、幅広い層から親しまれていることがよくわかる。


>ガンプラビルダーズワールドカップ2011 公式ココ!

いやいや本当に凄いわ。プラモデルというかアートです。

公式に各国代表に作品が掲載されてるけどそのどれもが超絶クオリティでハンパない。

個人的趣味からいうと以下の作品が好きです。

■中国

なんか画像が小さくてよくわかんないけどとにかく凄い。

完全に芸術に域だ。


■オーストラリア
MHF000961.jpg
これはもうカラーリングの達人というかプロの犯行じゃなかろうか。


■フィリピン
MHF000962.jpg
そしてフィリピン代表。

ん~なんだろう。自分でもよくわかんないけど「ちょいダサカッコイイ」カラーリングとポージング。そして何より撮影の仕方によるとこが大きいかな。

ガンダムはもちろんプラモデルにまったく興味ない人でも何か感じるものがあると思う。

その何かを感じることが出来るってのは素敵なことだと思うんだ。

年齢とともに体験を積み重ね、あらゆることから新鮮味や好奇心が薄れていく。

当たり前のことだけどすごく淋しいことじゃない?

小学生の頃は道端に落ちてるエロスな本にみんなで一喜一憂したけど、今やただのゴミにしか見えないでしょ。

つまりはそういうことなのだ!!

・・・何が?

とにかく色々なことに好奇心を失いたくないし、ひとつでも多く感動したい。

その為にインターネッツてのは素晴らしいもので様々なことを知ることが出来るもんね。

そういう意味ではMHFカオス理論てブログおすすめよ。

ほんとどうでもいいことが満載だけど時には自分の中の何かに引っかかるかもしれない。しれない!

つまりはそういうことなのだー!!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。