「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「MHF フォワード.4」アップデートインタビュー【スギ&ミヤ】

恒例となっているアップデート関連インタビューでは、今回から「MHF」をまとめるプロデューサーとなった杉浦一徳氏に加え、アシスタントプロデューサーとなった宮下輝樹氏にも同席していただき、「フォワード.3」での反省点から、「フォワード.4」での施策、さらにはその先の5周年記念企画などについて語っていただいた。
「MHF フォワード.4」アップデートインタビュー
※以下気になるとこを抜粋

■ 「MHF」チーム再編が進行中。「フォワード.3」の反省も活かす

「MHF」の運営・開発を行なう東京制作部では、「フォワード.4」を前にして組織変更が行なわれた。

これまで「MHF」を指揮してきた小野義徳氏がプロデューサーを離れ、杉浦氏が運営・開発を統括するプロデューサーに就いている。


■ 「フォワード.4」は春のアップデート……なのに上級者向けコンテンツも充実

時期的に新規プレーヤーの呼び込みを狙ってインパクトのあるモンスターにしたというのが第1にあるという。

その割に強めのモンスターになっているのは、1つは外見や新たな種であることを踏まえてのこと。

もう1つは、今後の新モンスターは、HRが高めのプレーヤーを意識して登場させていくという狙いからだという。


「秘伝書コース」という新たな課金コースも登場する。

「プレミアムコース」のSR版といった位置づけのもので、ミッションを免除するチケットがもらえるなど、秘伝書関連コンテンツの時間短縮を狙ったコースとなる。

内容的には「アシストコース」と相性がよく、両方買うとダブル購入特典も用意するという。
04.jpg
新規プレーヤー向けのリファイン「キャラクターを作って5分以内に大型モンスターを狩猟して武器が作れる」というコンセプトで、キャラクターを作った段階で武器種を1つ選び、すぐさま教官とともに「ゴゴモア」を狩猟して、その素材で好きな武器を1つ作れる。

遊び始めてすぐに「MHF」の面白さを体験してほしい、というのが狙いだという。


猟団への参加希望もシステム化される。

猟団募集の掲示板のようなものがゲーム内に用意され、そこに猟団への参加希望を出しておくと、猟団長がリストから検索して、スタイルやプレイ時間などが合いそうな人に声をかけられる。


■ 5周年記念大規模イベントにお風呂コラボ?まで広がる「MHF」

5周年記念イベントについて。以前から話に出ているとおり、このイベントは夏から秋にかけての時期に、東京で大きなイベントが行なわれる予定になっている。

500~1,000人規模のイベントで、7月で47都道府県を全て回り終えるネットカフェイベントの完了記念も兼ねたものになる。

ここでは今後のアップデートのマイルストーンを伝える発表会や懇親会も行ない、「MHF」の方針を説明したいとしている。


杉浦神 : 私の担当タイトルが10種類以上ある中で、「MHF」にどれだけの時間を割けるかというのが自分の課題でもあり、お客様の問いでもあると思っています。

今のところは「MHF」は最優先しなければならないと思っていて、4~5割くらいは時間を割いていきたいと思っています。

「MHF フォワード.4」アップデートインタビュー。新体制の門出となる充実の内容。5周年イベントでは懇親会も? - GAME Watch ココ!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。