「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「THE MANZAI 2012 年間最強漫才師決定トーナメント!~栄光の決勝大会」【ハマカーン優勝】

「ハマカーン」は、浜谷健司さんと神田伸一郎さんのコンビ。

ともに1977年生まれの35歳で、神田さんは、タレントの神田うのさんの実弟。

ケイダッシュステージ所属。00年1月にコンビを結成。

昨年の「THE MANZAI2011」でも決勝大会に進出していた。
「THE MANZAI 2012 年間最強漫才師決定トーナメント!~栄光の決勝大会」

二人とも35歳。2000年にコンビ結成。

「下衆の極み」「鬼畜の所業」「人にあらず」

てな感じで少しは知ってたけど、まさかの優勝とは。

カンダウノ弟のキャラが前と少し変わったようだけど、それもまた相方のハマタニを活かすことになるんだろう。

キングオブコント2009の準決勝ではこの年のチャンピオンである東京03の直後のネタ順。

M-1グランプリ2008の敗者復活戦でも後に決勝の舞台でこの日の最高評価を受けることになるオードリーの直後のネタ順であったなど、結構大きな大会でついてないことが多い。

とうとう花開いた!

ただこれもひとつのチャンスでしかなく、今後どうなるかはまだまだわからない。

でもテレビに出演する機会が一気に増えるだろうから、そこでどういう立ち居振る舞いをするか結果を残すかだもんね。

どれだけネタが面白くてもトークが上手くないと絶対にダメだ。

逆にお笑いとしてネタがイマイチでもトークで出来ればテレビで受ける。

テレビで受ければ芸能界を生き抜ける。

まぁネタで頭角を現さないとそもそもテレビに出演出来ないから、やっぱり両方兼ね備えないと「お笑い芸人」として売れないよね。

> 2012年 THE MANZAI ハマカーン 優勝ネタ - YouTube ココ!


公式サイトで出場者をザラ~っと見てみたけど、個人的に気になるコンビがいた。

> 日清食品 THE MANZAI 2012 公式サイト ココ!

てか漫才ってほんとはそんな好きじゃないんだよなぁ・・・

いや漫才とコントって最近どんどん境目がなくなってきたようで、厳密に区分することもないんだけど、それでも"コント寄り"のが好きだ。

漫才ってのは音声だけで笑いが成立し伝わるもの。ラジオでもわかる。

コントはヴィジュアルを含めて笑いを作るもの。設定ありき。

そんな認識だけど、とにかく気になるコンビをピックアップや!

> 流れ星 おもしろ荘 ぐるナイ 10 02 11 mp4 - YouTube ココ!


流れ星(ながれぼし)は浅井企画所属のお笑いコンビである。

ちゅうえい(本名:中島 仲英(なかじま ちゅうえい)、1978年7月29日 - )ボケ担当

瀧上 伸一郎(たきうえ しんいちろう、1978年12月12日 - )ツッコミ担当

ハマカーンと同じく2000年にコンビ結成してるだけに、この二人も出てきていいと思うんだけどね。

このTHE MANZAIでも予選敗退してる。

実力がどれだけあっても売れない。何かしらの運なのか巡り合わせなのか難しいもんだ。

こうガッチリとしたコント番組ってまた始まらないかな。

セットや衣装が必要だから金かかってしようがないんだろうけど、どうにかならんかな。

もっともっとコントが見たい!

アンジャッシュやインパルス、東京03のようなコントが見たい!

とにかくハマカーンの今後の活躍に期待しましょう。

テレビに出る権利は手に入れた。あとはその後また呼ばれるか出続けられるかが勝負の分かれ目!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。