「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モンスターハンター』シリーズ、初見で一番苦戦したモンスターランキング【男性・女性アンケート】

巨大モンスターを相手にハンターライフを満喫できるハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』。

2005年に発売されたPSP版『モンスターハンターポータブル』で大ブレイクし、その後シリーズを重ねるごとに人気を集め、ついには「超」がつくほどのビッグタイトルにまで登りつめることになる。

12月にはWii U版『モンスターハンター3G HD Ver.』の発売、そして2013年夏には『モンスターハンター4』の発売も控えている。。

そこで今回は本シリーズをプレイし、最初の遭遇で苦しめられたモンスターのナンバーワンを決めるべく、アンケートを実施した。



■モンハンリーズ初見で一番苦戦したモンスターは?【男性編】

1位 イャンクック 30.6%
2位 ティガレックス 19.2%
3位 ディアブロス 11.3%
4位 ガノトトス 7.9%
5位 ドスジャギィ 6.1%
6位 キリン 6.0%
7位 フルフル 4.7%
8位 イビルジョー 4.0%
9位 ドスファンゴ 3.3%
10位 ラージャン 3.0%
次点 ジンオウガ 2.5%

■モンハンリーズ初見で一番苦戦したモンスターは?【女性編】

1位 イャンクック 26.7%
2位 フルフル 20.4%
3位 ドスファンゴ 10.8%
4位 ティガレックス 10.2%
5位 ガノトトス 6.3%
6位 ゲリョス 4.5%
7位 イビルジョー 4.3%
8位 ドスジャギィ 3.9%
9位 クルペッコ 3.5%
10位 ラオシャンロン 3.0%
次点 ババコンガ 2.8%

■総評
今回のアンケートでは、「ティガレックス」や「ディアブロス」といった強敵ぞろいのモンスターを抑えて「イャンクック」が1位に輝く結果に。

やはり序盤に遭遇した巨大モンスターのインパクトは大きいようだ。

2013年には3DS用ソフト『モンスターハンター 4』が発売され、新たなモンスターが続々登場する。

恐怖に慄きつつ、同時に新たな巨大モンスター討伐の楽しみに期待したい。

> 【男性編】『モンスターハンター』シリーズ、初見で一番苦戦したモンスターランキング | ホビー | マイナビニュース ココ!

てなわけで、クック先生の衝撃はやっぱり凄いです。

いや、シリーズということでどの作品を最初に遊んだかで大きく変わるんだろうけど、わたしとしてはやっぱりクックが強烈すぎた。

最初は適当にアプトノス倒して生肉剥いで、それを焼いてとかあちこち採取したりでのんびりしてたのにね。

ランポス?ははっ楽勝だぜぃ!

で、わたしは最初の武器をランスにした。もう発売前から決めてた。

あちこち振り回さないから見方を巻き込まないってのと、定点を突く!突く!突く!!ってのがなんともマニアックな感じがしたから。

そんなこんなでクックと対峙した時はもう参った・・・

サイズによっては腹下にキャラがすっぽり立てるほどの巨大さに、こりゃどうやっても勝てないぜっていう絶望を味わったよ。

尻尾回転や突進・ついばみでもうヘロヘロだようぅ~。

個人的に一番苦労したのはディアブロスかな。

妙に広い砂漠でディアがなかなか探せなかったり、クーラーが足りなくてベースキャンプ往復したり、またまたディア見失ったりもう大変。

なんども失敗しながらその度に色々とアイテム準備からやり直して、どうにか一人で倒せた時には本当に感動した。

3乙失敗じゃなくて50分時間切れを繰り返すという、今では考えられない苦行を乗り越えたのが思いで深い。

MHPやWiiで最初に対戦するのがどのモンスターか忘れたけど、やっぱ人それぞれ違うんだろうね。

さぁ2012年も間もなく終わりを迎える。

ここで自分なりのモンスターハンターを振り返ってみてはいかが?

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。