「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ロンドンゾンビ紀行』【老人vs.ゾンビ】

老人ホームに突如現れたゾンビの群れを、お爺さん、お婆さんたちが迎え撃つ!そんなぶっ飛んだシーンの映像で話題を呼んでいる映画『ロンドンゾンビ紀行』が1月12日(土)より公開される。

同作は、普段なら真っ先に餌食になってしまいそうな老人たちが、ゾンビに向かってあたふたと機関銃をぶっ放す姿に、思わず腹を抱えて笑ってしまう衝撃-ホラーコメディだ。
映画『ロンドンゾンビ紀行』


【あらすじ】
舞台はもちろんタイトルにもあるロンドンの下町。

テリーとアンディの兄弟は、資金難で閉鎖の危機に瀕している祖父が入居中の老人ホームを救うため、銀行強盗を企む。

しかし、なぜか周囲はゾンビだらけに。兄弟は老人ホームへ向かうが、既にゾンビの魔の手が迫っていた。


そんな本作の見どころは、何と言ってもゾンビ対老人のバトルシーン。

老人たちはなす術もなくゾンビの餌食になってしまうのかと思いきや、全く怯む様子がない。

それどころか、武器を取って勇敢にも次々とゾンビをやっつけていくのだ。

とはいえ、息を呑むほどの派手なアクションシーンが用意されているわけではない。

歩行器でよたよたと歩く老人と、それに追いつけないのろのろ歩きのゾンビによる、史上最も遅い(?)逃亡劇など、笑いどころが満載なのだ。

もちろん、ゾンビ映画ならではの残虐シーンも少なくはないが、それらがすぐにかき消されてしまうほど、お馬鹿シーン満載の作品となっている。


本国イギリスでは、昨年のロンドンオリンピック直後に公開され、その後、じわじわと各国へ伝わっていった本作。

有名ゾンビ映画のパロディ満載だった『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)

さらにオマージュを捧げているというのもカオスな話だが、単なる二番煎じに終わらない強烈なゾンビ愛を感じることができるはずだ。

> どっちが早い?歩行器の老人とゾンビによる史上最遅の逃亡劇に大爆笑 | ニュースウォーカー ココ!

> 映画『ロンドンゾンビ紀行』予告編 - YouTube ココ!


最近なぜかゾンビ系の映画見てるんだけど、そんな中でさらに面白そうな映画が上映開始するようだ。

もう完全にB級映画臭がプンプンするぜ。

こんなん大好きよ。

ショーンオブザデッドもレンタル開始そうそうに借りた記憶がある。

まぁ内容はあんま覚えてないけど・・・

いやほんとは「人生TOP3」の映画を挙げろと言われれば、そのどれもがシリアスな感動的なものだけど、そういうのってなかなか出会えないでしょ?

そんでもって、とい忙しかったりお疲れ気味だったりすると、重いのは見る気しなくなっちゃう。

そんな時は軽いコメディタッチのものがちょうどいい。

> 映画『ロンドンゾンビ紀行』 公式サイト ココ!


ゾンビ映画じゃないけど、とある殺人鬼の映画もちょっと面白かったよ。

> タッカーとデイル - FC2動画 ココ!

MHFもCOGログイン出来ないようだし、ちょっと見てもいいんでない?

(2013年1月11日 1:10追記)
今回の他社のサーバーから漏えいしたリスト型パスワードクラッキングによるアタックでの被害状況に関する調査が完了いたしました。

調査の結果、COGサーバーからのアカウントとパスワードの流出の痕跡はございませんでした。

まずはこの点につきまして、ご安心ください。

詳細につきましては追って告知を行なわせていただきますが、COGアカウントのパスワードリセットの実施、および認証の開につきましては、2013年1月11日(金) 3:00頃を予定いたしております。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。