「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・ワールズ・エンド』日本公開決定【映画】

「ショーンオブザデッド」知ってるかい?

「宇宙人ポール」知ってるかい?

「ホットファズ」知ってるかい?

NEW !! 『ザ・ワールズ・エンド』
『ザ・ワールズ・エンド』日本公開決定

放題は「ワールズ・エンド -酔っ払いが世界を救う!-」に決まったようだ。

『ショーン・オブ・ザ・デッド』、『ホット・ファズ』でおなじみのエドガー・ライト監督、主演サイモン・ペグ&ニック・フロストのタッグが復活する最新作『ザ・ワールズ・エンド(原題)』の日本公開が決定しました!
 
本作のあらすじは以下の通り。

20年前に失敗した、「町のパブすべてを回るはしご酒マラソン」に再挑戦するために、幼馴染の5人組は故郷に帰るが、町の様子がどうもおかしい。

突如住人に襲われ、気がつけば、伝説の12件目のパブ「ザ・ワールズ・エンド(世界の終わり)」を目指す、はしご酒マラソンが世界の運命を決める壮大なものへと発展していく......。

ちなみに今回は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』、『ホット・ファズ』と続いた、『ブラッド・アンド・アイスクリーム3部作』の完結編。

『光る眼』や『ボディ・スナッチャー(盗まれた街)』のような社会SF+コメディといった作品となるようですね!

TOP画像を作ってもらった「金属のディソナンス」のシグさんから「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」て映画が面白いよって教えてもらって観てみたんだ。

そしたら「ショーンオブザデッド」のコンビじゃん!知ってる知ってる~てな感じで、「宇宙人ポール」とかも観た。

なんていうんだろう。コメディなのか?

どの作品もなんだか緩い雰囲気を出しつつ、なぜか映像はエロ・グロ・麻薬・暴力・性描写と力が入ってるんだよね。

映像は本格的。CGもしっかり使ったりしながらも軽くで観やすいものばかり。

そして今回も「町のパブすべてを回るはしご酒マラソン」ていうわけわかんない設定なだけに、前作からの流れで期待が止まりません。

 街で一番クールな若者として人生を謳歌していたゲリーは今やアル中。

もう一度、仲間と、あの高校時代最後の夜、人生最高の一夜を再び取り戻したい。

The World's End、「世界の終わり」への到達だけが、今の彼にとっての生きる証。

友人達のように責任ある仕事もなければ、家族もいない彼の、人生における唯一重要なことなのです。

今回は以前と違って主人公のサイモン・ペグはダメダメな人間。

ニック・フロストは今や弁護士という人生を歩む。

今までと逆なのよね。基本的にサイモン・ペグが冷静でキレる役・ニック・フロストがのんびり穏やかな感じだったのにね。

それが今作でどう活かされるのか楽しみです。


> 映画『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う』2014年4月シネクイント他にて、全国ロードショー ココ!

日本公開は今春4月。

あ、そうそう。これだけじゃ本当にどんな映画かわからないから、もうとっとだけ。

ハシゴ酒してどうすんの?同窓会でもすんの?って感じだけどそれだけじゃ終わらない。

そんな平和な映画だと思いきや周りの住民が何かに乗っ取られ「謎の何か」に変わってしまう。

それらから世界を守る為にパブ「ワールズ・エンド」を目指すのだ。

・・・って、それでもよくわからんね。

まぁあまり前情報もいらないでしょう。

とりあえず冒頭の「ショーンオブザデッド」 「宇宙人ポール」 「ホットファズ」をレンタルでもネット検索でもどうにか観ておくことが前情報だ。

いや作品としての繋がりはないけど、こういう世界観なのねって知っておけばいい。

まだ正月休みでいい加減色々暇を持て余すって人は、今日あたりレンタル屋さん行ってもいいんじゃない?

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。