「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極に美味しい納豆を食べる!「魯山人納豆鉢」

タカラトミーアーツは、納豆をかき混ぜる玩具「魯山人納豆鉢」を2月6日に発売する。価格は2,310円。
納豆をかき混ぜる玩具「魯山人納豆鉢」

「魯山人納豆鉢」は、芸術家であり美食家の北大路魯山人の好んだ“納豆の食べ方”を再現できる玩具となる。

北大路魯山人は1883年に生まれ、書道、陶芸、絵画など様々な分野で活躍した文人。

美食家としても知られ、フランスで出された鴨料理に「ソースが合わない」といってわさび醤油で食べた話があったり、「魯山人風すき焼き」など独特の調理法を生み出した。

鮎やウナギ、寿司、天ぷらなど様々な食に関した彼のこだわりは現在まで語り継がれている。

魯山人納豆

納豆の拵え方:納豆は小粒、向附(むこうづけ)と言われる深い器を用いる(マグカップなどでよい)。

何も加えず305回かき回す。醤油を入れて更に119回、合計424回かき回す(醤油は2~3回に分けて入れる)。

ネギと和ガラシを入れてできあがり。

回数は目安です。納豆によっても違いがでます。 糸が切れるようになるのが目安。更に砂糖を加えても美味しい

この納豆を手軽に再現出来るおもちゃが新発売する。

> 魯山人納豆鉢 | スペシャルサイト | タカラトミーアーツ ココ!



納豆好きな人はもちろん、嫌いな人はぜひこういうので試してもらいたい。

そのへんの特価納豆でも美味しくなりそうだよね。

てかもう電動にしてほしいわ。

いや本当に劇的な味の変化があって毎日食べたい!と思ったら、やっぱ電動のが欲しい。

まぁ子供がいれば「はいかき混ぜておいて~」って渡せば、半自動で楽チンだ。

こういう食のアイデアとか、元のものを現代風に再現するモノってなんか素敵だよね。

どこまで実用的かわからないし、発売して採算とれるかわからないけど、それでもやってのける!

アマゾンでも予約受け付けてるし、ちょっと試してみてはいかがでしょうか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。