「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズと雨音を一緒に聞ける「Jazz And Rain」【作業用BGM】

カフェで仕事をしていると捗る気がする。理由はさまざまあるようですが、「適度な雑音」があるのも良いようです。
MHF001475.jpg

今回取り上げる「Jazz And Rain」もその1つ。

名前の通り、インストゥルメンタルジャズと雨音を一緒に聞かせてくれるサイトです。

音量レベルはそれぞれで調節が可能。どちらかだけを再生することもできます。

> Listen to jazz and rain sounds - JazzAndRain.com ココ!

▼カフェにいる気分
> Coffitivity - Increase Your Creativity! ココ!

▼適度なノイズに身を任せ
> soundrown ココ!

何か作業に集中したいときってのは、ある程度の雑音があったほうが良いようだ。

完全に無音ではなかなか続かないんだってさ。

ただし時と場合によるし、個人差も大きい。

新しいことを学ぶ時には、頭のなかに入ってくる情報を集中させたほうが記憶や暗記に効果的ですが、習慣化されていることをアウトプットするには気分を落ち着かせたり高揚させる音楽が効果的なようです


まぁだいたいこういうことらしい。

言われてみればそうかもしれないね。

だから何かを記憶する必要がある場合には、周りの音は無いほうがいい。

だけどいつもやってることで集中したい場合には、ある程度の雑音が効果的。

雑音ていうとアレだけど、環境音て言ったほうがしっくりくるかな。

個人的には雨の音が好きだ。

雨が降ってる=外に出られない=外に面白いものはない=家の中が一番=色々捗る!

なんてことを考えてるわけじゃないけど、なんとなく家の中に引き篭もってるのが良いように感じる。

ゆっくり自分の時間を過ごそうってね。

小さい頃アパートに住んでたけど、梅雨の時期とか雨ばかり降ってるでしょ。

そんで2階の部屋にいると屋根にぶつかる雨音がやけにうるさい。

だけど部屋の中は静まり返ってる。

雨がウルサイのに部屋は静か・・・

そんな不思議な世界が非日常のような気がして、なんだか好きでした。

今はなかなか体験できないね。屋根に当たる雨音が聞こえる家なんて少ないもの。

そういう意味ではまたあの時間・空間を体験したい。

どっかそういうプレハブの小屋みたいの借りられないかかな。

そうだ。こんなこと考えるのはわたし一人じゃないはずだ。

すでにどこかにそういう所があると思うんだよね。

まぁとりあえずネット上の雨音で我慢しようか。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。