「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穿龍棍と紅龍

いやぁ、今年のゴールデンウィークはしんどい。

意味がわからんどうかしてるぜ!って感じで水~土はほとんどログインせず。

というわけで、ゲームやる時間あるなら寝る!ブログ書いてる暇あったら寝る!状態が続きヘロヘロだよぉ~。

さて、とりあえず穿龍棍だけどまだまだ謎に包まれていますね。

それゆえにどのスキルが有用かわからないから、装備組むのも手探りっていう。

そこで今日は少しでも役に立てるように情報をまとめます。

まずは基本の
1e4a3830.png

①は現在の「リーチ」を表す。これの使い方がなかなか重要。

②は「コンボタイマー」

③は「コンボポイント」

これが公式の呼び方ね。

穿龍棍は、モンスターを攻撃するか、モンスターの攻撃を被弾直前で回避することで、「コンボポイント」を蓄積することができます。

コンボポイントを一定以上蓄積することで、

・プレイヤーの攻撃力
・攻撃時の龍気の蓄積量が上昇する効果が発生します。

コンボポイントは、通常時で5段階まで、秘伝防具装備時で6段階まで蓄積することが可能です。

コンボタイマーの残り時間が0になるまでに、再度コンボポイントを蓄積しなければ、蓄積されていたコンボポイントが全てリセットされます。

コンボタイマーの減少速度は、「抜刀ダッシュ」「ガード」「ステップ」「リーチ変化」を行なうことで遅らせることが可能です。

また、ジャンプ回避で滞空している間も、コンボタイマーの減少速度が通常時より遅くなります。


このコンボポイントは1マスで5%攻撃力上昇。

全部で5マスあるのでMAX時は攻撃力1.25倍ってことですね。

これが秘伝防具だと6マス目まであるので1.3倍になる。

それはまぁいいや。

とりあえずざっくり言うとコンボポイントを維持しつつ華麗に立ち回るのが穿龍棍。

って、こんな初歩的なことは今さらいいよね。

実際にどのスキルがどういう効果があるのか?

鉄腕・集中・溜め威力・砲術・体術

鉄腕=「攻撃無効化時間の延長」これはPVでもあったけど、モンスターの攻撃をこちらの攻撃で打ち消すこと。

レイアとかの炎ブレスとかも穿龍棍を振るうことで相殺する時間の延長。

まぁ使いこなすのはプロハンなので今は不要。

集中=モンスターへの「龍気」蓄積値の上昇と基本連携の溜め攻撃の時間短縮。

この溜め攻撃がかなり凶悪!

あと個人的にヤベエと思ったのがリーチ長の溜め攻撃。

溜め0、溜め1、溜め2の3種類でスタン値が違うみたいなんだけど、既出の通り、頭以外にあててもスタン値が蓄積する。

溜め無し → 頭以外 20前後、頭でも20前後

溜め1 → 30前後、頭で約60。リオレイアが2発でスタン。

溜め2(溜めが自動解放されるまで溜めても溜め2扱い)

これが最高にやばいっぽく、頭以外で40前後のスタン値だと思われるのだが、頭にあてると100以上ある臭い。

HCじゃないザザミの頭で一発でスタン、リオレイアがスタンしなかったので100~119程度と思われる。


つまりは溜め攻撃は頭に当てなくてもスタン値が蓄積される。

溜め過ぎによる自動解放でも溜め2と同等というのは、まだ確証はないようだ。

スタン値が同等としても与ダメがカスカスになってる可能性もある。

というか溜め過ぎ解放はあまりにも時間かかるので、とりあえずバシュン!バシュン!と2回光ったら即打ちでいいと思う。

溜め威力=微妙に威力アップする。微妙だから微妙だね。

砲術=龍気穿撃の威力アップ!

穿撃自体のモーション値は40

それがどのくらい上昇するかはわからないけど、それなりに上がるのでしょう。

でしょうけど、そもそも穿撃を打つ必要があるのか?

頭に龍気を溜めた状態だと、全身にスタン値蓄積。

けど、それも2~3くらいしか溜まらないようなので、4人でガリガリと攻撃しまくってどうにか役に立つのかなぁって感じ。

胴体に龍気を溜めた状態だと、斬れ味回復効果。

龍気穿撃の斬れ味回復効果だけど、上にあったように使用に消費12、回復15。

ちなみに業物+2で消費は6。

オーラに触れた人全員が15回復するので、空色短い武器でも、他の人に龍気穿撃を撃ってもらえば空色維持も比較的楽かな。

ちなみにキック系の攻撃は斬れ味消費が0の模様。


狙ってもいいけどなんとも言えない。

尻尾に龍気を溜めた状態だと、尻尾出血からの切断が狙える。

ん~。

体術=蹴り攻撃の攻撃力が上昇し、空中で攻撃をヒットさせた際の浮き上がり時間がやや増加する。

これがあると無いとでは空中戦が段違い。

いや全然出来なくはないけど、やっぱ凄い楽チンちんになるよね。

・地上キックの威力を約1.8倍

・ジャンプ回避の威力を約1.4倍

・ジャンプキック(リーチ短)の威力を約1.3倍

・ダッシュキック等にもおそらく効果有り


地上での連携だとあまり恩恵ないかもだけど、空中戦するなら威力面から見てもかなり有用だ。

あと一応剣術。

剣術=穿龍棍に限ったことじゃないけど、「コンボポイント」とか溜めるのは攻撃HIT回数も意味があるので、わたしはムリじゃなければ組み込みたい。
51075.jpg

さて、これらを考慮した上でどういうふうにスキルを構成していくか。

はっきり言えばどんな敵にもコレ!っていう汎用装備はやっぱダメだよね。

どのモンスターにどの穿龍棍でどういうスタイルで闘うか。

そのへん考えて適したものにしなきゃならん。


大きくわけながら考えよう。

①スタンをとるのかとらないのか?

スタンがとても有効な相手ならば積極的に狙っていくから、溜め攻撃を多用したい。

そうすっと「集中」スキルがなかなか有用だ。

ただし穿龍棍が複数人いるなら外してもいいかなぁ~・・・

②高位置にいい感じの肉質があり空中戦する場合

これには絶対に「体術」を入れたい。

というわけで、個人的には「鉄腕」「砲術」は不要だと思う。

猟団員の証GX 【磨穿】
砲術師+20 体術+20 溜め短縮+20 剛撃+5 鉄腕+5

穿龍棍にぴったりな装備に見えるけど、砲術が要らないのなら逆にスキル枠を圧迫するからなんとも言えないな。

「集中」はうまくスキル詰め込めば弾けるから良いけどさ。


そうそう!肝心なこと忘れてた。

リーチ【短】の効果について。

実装前から「硬いとこ殴るのにぴったり!」みたいな硬質特効があるって話だったけど、今んとこ具体的にどういうことなのか?

(最高肉質+最低肉質)-殴るところの肉質 =実際の肉質

ていう計算でほぼ解答が出てるようだ。

例えばG級紅龍の肉質。
MHF001522.jpg

穿龍棍はもちろん「打撃」武器として計算されるわけだけど、紅龍の頭は70とダメージが一番通る。

逆に翼は20しか通らないカチカチ。

リーチ短で一番固い翼を殴るとしよう。

上記の計算に当てはめると(頭70+翼20)- 翼20 =70

てな感じで一番硬い「翼」が肉質反転して柔らかくなるね。

当然頭破壊するなら麻痺中にポコポコ殴るけど、その場合はリーチ長で肉質70だから最適だ。

でもいつでも頭を殴りまくれるわけじゃない。

常時殴りやすい部位はどこ?ってなると本当は脚や尻尾だよね。

でも脚40・尻尾30という肉質。

上記の翼を空中戦するなら70という肉質で計算されるから、こういう場合はやっぱリーチ短だ。

だからいつでもリーチ長ってわけにもいかないし、どこでもリーチ短てこともない。

もちろん肉質の差が少ない相手、例えばドスファンゴとかなんて肉質が1種しかないから、リーチ短の恩恵がない。

ない?

いや実際にはモーション値が違うから与ダメが変わるから、どっちがいいとかはよくわかりません。

もしかしたら怯み値に影響あったりもするし、スタン値も考えるとどちらが最適なのか・・・

あとモーション値をスタン値を独自調査してくれた紳士の結果。
eeea1b0a3ec3464d755f1b552d910439.png

これを見ると特殊連携の最後、右トンファー放り投げ&左トンファーくるくるがやっぱ強い。

モーション値もスタン値も優秀だ。

そんなこんなで様々な用途を考えながら、色々と装備を組まないといけない。

一応今の紅龍と闘う穿龍棍装備。

MHSX2 装備クリップ 剣士

武器スロットなし
赤備ノ具足GP【兜】    (キGP) Lv7  280  ●●● プランダ剣珠GX1, プランダ剣珠GX1, プランダ剣珠GX1
プランダGXメイル     (GX) Lv7  413  ●●● ディス射珠GX5, ディス射珠GX5, ディス射珠GX5
セレナGPアーム・※   (キGP) Lv7  312  ●●● ディス射珠GX5, ディス射珠GX5, ディス射珠GX5
プランダGXフォールド  (GX)  Lv7  394  ●●● ディス射珠GX5, 火攻珠G, 体術珠G
アルテラGFグリーヴ   (烈)  Lv7  304  ●●● ディス射珠GX5, ディス射珠GX5, ディス射珠GX5
服Pスロット2                    ★★  G吸血カフSA1

防御値:1703 スロット:■0□0●15○0 火:1 水:8 雷:1 氷:4 龍:2

一閃+3,見切り+3,豪放+3,扇射+3,ブチギレ
吸血+2,剣術+1,業物+1,ダメージ回復速度+1,ランナー
体術


手持ちの防具と珠で即席ではあるけど、それなりには動ける。

吸血+2とダメージ回復速度+2の威力はハンパないよ。

穿龍棍はちょっと間を空けるとすぐにコンボポイントが消滅するから、どれだけ回復薬を飲まずに延々と殴れるかが重要だと思うから、これはなかなか快適です。

ランナーは「絶倫」になり、武器出しダッシュとか飛んだり跳ねたりするスタミナ消費を抑えられ、その結果コンボポイントを維持しやすくなる。

いや本当なら「弱点特効」が必須だと思うけどね。

リーチ短の肉質反転があるとほとんど「弱点特効」の効果が発揮されるし、これほど相性良いものはない。

ちょっと手持ちで組むのがメンドかったから、そのへんは他のブログ見て参考になるのがあれば教えてください。

「ブチギレ」は不要という声もあるだろうけど、もしかしたら「火事場」で闘うこともあるでしょ?

とうかチラホラ火事場募集あるし、ギリギリ耐えられるなら吸血で回復しつつそのまま殴りまくるっていう!

だから逆鱗ではなく一応ブチギレも。

というか上記のは「ヴァシム・フワァール」で「紅龍」と闘う用にっていうやつね。

いやもうある程度頭破壊して素材集めたり、高レベルで麻痺が期待出来なくなってくるから、そうなると黒龍棍が欲しい。

そして黒龍棍には「斬れ味レベル+1」が絶対欲しい。

そうするとまたそれ用に装備を組む必要がある・・・

あと最後に、

ヒットストップと剣術について

リーチ長だと肉質大で2F、小で1Fになる。

リーチ短だと1Fと0F、剣術付だとどちらも1Fになるから、リーチ長の肉質大でないと恩恵は少ない

常時HS1Fの乱舞旋風で剣術つけても、モーション値切り捨てのせいで属性ダメージしか増加しない(およそ+10%)

だからリーチ短だけを使う場合は火力上昇が見込めないだろうし、空中制御が難しくなるのも踏まえると不要なスキルだね


という意見もあります。

それでもわたしは剣術+2をやめないよ!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。