「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パローネ大航祭 航路詳細【各モンスター肉質一覧】

NEW !! 第1回パローネ大航祭


とにかく連続して色々なモンスターと対決するもんだから、その肉質をいちいち小部屋で確認するのがメンドくなっちゃった。

だからここに航路一覧とその肉質を記す。

もちろん穿龍棍のリーチ短用の肉質に対応しとくからね。

> MHF猟団FreeDomの小部屋 ココ!


【★901】
①イャンクック 潮島
MHF001531.jpg

②フルフル 沼地
MHF001532.jpg

③ドドブランゴ 雪山
MHF001533.jpg

④ヒュジキキ 高地
MHF001534.jpg


【★902】
①ダイミョウザザミ 密林
MHF001535.jpg

②リオレウス 森丘
MHF001536.jpg

③ショウグンギザミ 火山
MHF001537.jpg

④ファルノック 樹海
MHF001538.jpg


【★903】
①ババコンガ 密林
MHF001539.jpg

②ガノトトス 砂漠(戻り玉)
MHF001540.jpg

③リオレイア 森丘
MHF001541.jpg

④ミドガロン 火山
MHF001542.jpg


【★904】
①ゲリョス 密林
MHF001543.jpg

②ディアブロス 砂漠(戻り玉)
MHF001544.jpg

③バサルモス 火山
MHF001551.jpg

④ポカラドン 極海
MHF001546.jpg


【★905】
①ポカラドン 極海
MHF001546.jpg

②ファルノック 樹海
MHF001538.jpg

③ヒュジキキ 高地
MHF001534.jpg

④ミドガロン 火山
MHF001542.jpg


【★906】
①イャンクック 密林
MHF001531.jpg

②ダイミョウザザミ 砂漠(戻り玉)
MHF001535.jpg

③ドスランポス 密林
MHF001547.jpg

④ドスゲネポス 砂漠(戻り玉)
MHF001548.jpg

⑤ドスイーオス 火山
MHF001549.jpg

⑥ポカラドン 極海
MHF001546.jpg


【★907】
①ゲリョス 沼地
MHF001543.jpg

②ババコンガ 沼地
MHF001539.jpg

③ドスガレオス 砂漠(戻り玉)
MHF001550.jpg

④ファルノック 樹海
MHF001538.jpg


【★908】
①バサルモス 火山
MHF001551.jpg

②リオレイア 高地
MHF001541.jpg

③ショウグンギザミ 潮島
MHF001537.jpg

④ヒュジキキ 高地
MHF001534.jpg


【★909】
①ドドブランゴ 雪山
MHF001533.jpg

②フルフル 雪山
MHF001532.jpg

③リオレウス 塔(戻り玉)
MHF001536.jpg

④ガノトトス 密林(戻り玉)
MHF001540.jpg

⑤ディアブロス 砂漠(戻り玉)
MHF001544.jpg

⑥ミドガロン 火山
MHF001542.jpg


【★910】
①イャンクック 沼地
MHF001531.jpg

②ゲリョス 密林
MHF001543.jpg

③ショウグンギザミ 沼地
MHF001537.jpg

④フルフル 沼地
MHF001532.jpg


一応「戻り玉」あったほうが良いクエストには要チェックしといた。

閃光や落とし穴・シビレ罠は良い感じに持ち込んどいてください。

で、わたしもちょいちょいと航路回ってみて、やっぱり穿龍棍が多かったよ。

でもリーチ長なのか短なのか、地上戦か空中戦かみんなバラバラでね。

上記の肉質をよく見て、リーチ長かリーチ短か判断して、ココ!てとこにブチ込んでおくといいよ。

NEW !! 穿龍棍 モーション値(気絶値)
穿龍棍 モーション値

小部屋のフェリヌンティウスが頑張ってくれたので、わかりやすく画像にまとめてみました。

まずはリーチ長での地上戦。

最後の溜め攻撃はモーション値も高いが、何よりも気絶値がブッとんる。

麻痺中にスタンを狙うなら是非組み込みたい技だけど、スタン中にもわざわざ溜める必要はなさそうです。

溜めずに特殊連携5のトンファー放り投げグルグル~が合計84なので、溜め攻撃より早いし次の麻痺蓄積にもなる。

リーチ短の連続突きも合計100くらいであれだけの時間を要するので、DPS的にはトンファーぐるぐるのがいいのかな?

HIT数的にも大差ないしなぁ。

使い分けですね。

ただ基本的には空中戦の強さが異常です。

空中3コンボで合計100

これを地上戦よりかなり早く繰り出せるので、DPSは圧倒的ですね。

でも飛んでばかりいても正解とは言えないでしょう。

ソロの場合ならほとんど飛んでれば大体おkな感じもあるけれど、パーティー戦だと最初にスタンを狙う為にみんなで正確に頭殴ったほうがいい時もある。

その後は頭を殴り続けるよりも、有効な肉質があるなら積極的に飛んで空中戦で短時間にダメージを稼ぐほうがいいかもしれない。

難しいよね。使い分けだよね。

最後のリーチ短のダッシュ旋回。予想をぐーんと下回るモーション値の低さ・・・

手数は短時間で6発HITなので、麻痺蓄積狙いには有効か。


いずれの攻撃も剣術の効果がしっかり乗るかどうかてのも重要なんだけどね。

というわけで、どの場面でリーチを長にするか短にするか。

地上戦か空中戦か。

おおよそ自分の中で答えを出しておきながら、戦闘に挑むのがよかろうなのだ!

> MHF猟団FreeDomの小部屋 ココ!

フェリヌンティウスに感謝です!今度薬草あげるね。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。