「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

ライフジャケットなしの海がいかに危険なのかスクロールして追体験できるムービー

蒸し暑い夏は海水浴やマリンスポーツが気持ち良い季節ですが、毎年多くの人々が水難事故によって命を落としています。

ライフジャケットの着用は、もしもの時の生存確率を大幅に上昇させることができますが、もしライフジャケットを着けずに溺れてしまったらどれほど危険なのか?

ということがわかるゲーム風ムービー「Sortie en mer」が公開されています。
ライフジャケットなしの海がいかに危険なのかスクロールして追体験できるムービー
> ライフジャケットなしの海がいかに危険なのかスクロールして追体験できるムービー - GIGAZINE ココ!

↓このリンク先ね
> Sortie en mer ココ!

ストーリーとしてはヨットでクルージングしてた二人の男性がいて、ちょいと事故で自分は海に投げ出されてしまう。

そこからが本番。

「海面に出るにはスクロールし続けてください」とメッセージが出現。

そう、マウスホイールをグルグルルルル~!と必死に回転させて溺れないようにするのだ。

GIGAZINEでは2分半あたりでOUTということだ。

そしたらわたしも必死に生きようじゃないか!
MHF001569.jpg

といことで、わたしゃ全力でやって2回とも5分2秒

おそらく同タイムだったから、ここが最長なんじゃないかな。

基本的にムービー使いまわしなんでしょ?と思ってたらそうじゃなかった。

2分半程度では見れないムービーが出てくるし、なかなか上手く作ってあるよ。

ちなみにロジクールのマウスなんだけど、マウスホイールがフリーホイールなんだよね。

ビン!て弾くとエクセルなら1万行くらいスクロールする変なやつ。

まぁ好きになれないホイールなんだけどさ。


これを観て真っ先に思い浮かんだのが映画「オープンウォーター」

ストーリーは単純明快。

休暇でスキューバダイビングに出かけた若いカップルが、たっぷり楽しんで海面に浮上したところ、そこにいるはずのボートがいないという悲劇である。

ツアー客の人数を数え間違えたボートが、彼らを置き去りにして帰ってしまったのだ。

さあさあ大変ここは海のど真ん中、しかも悪いことにその海域は有名なサメの生息地でもあるのだった。ありゃー。

そこから先はただただ海に浮かぶ二人の会話劇。

次から次へと困難と不安と恐怖が観客と二人を襲い、落ち着くひまはまったくない。

上映時間が79分間なのは、それ以上この緊張感に誰も絶えられないからにほかならない。


そして「オープンウォーター2」

こっちのが設定がちょっと面白い。

メキシコ湾に集まった旧友たち6人は、出世頭のダン(エリック・デイン)の豪華ヨットでクルーズに出かけた。

やがてヨットははるか沖に達し、はしゃぎまわる若者たちは一人また一人とエメラルドグリーンの海へと飛び込んでいく。

そして最後の一人が海に入ったとき、彼らは甲板に戻るためのハシゴをおろし忘れていたことに気づくのだった。

しかし希望ゼロというわけではもちろんなく、ツルテカ船体を良く見ると、何に使うのかわからないパネルの継ぎ目があったり、船尾にははためく国旗がぶら下がっていたりする。

思わせぶりなそんな「アイテム」と、周りで立ち泳ぎしている仲間たちの特技、知恵をあわせれば、なんとか脱出、いや船に戻れるのではあるまいか?!

そうした一種の謎解き要素が興味をそそる。次はこれ、だめならこれと、テンポよく試される幾多の試行錯誤にハラハラドキドキ、目が離せない。

ただ、前作と違って登場人物の行動に抜けた点がやたらと多いため(バカ若者ですから……)、イライラさせられる部分もある。そのもどかしさを味として楽しめればよいのだが。


1作目は完全に海に2人だけ取り残されて何もかもが不安。

2作目は目の前にヨットがあるのに戻ることが出来ない。

しかも船上には生後間もない赤ちゃんがいる。ただただ救助を待っているような余裕はない。

一応どちらも実話をもとにしてるようだ。


そんな感じで冒頭のゲーム風ムービーだけど、まぁ大変よ。

マジで溺れそうな迫真さがヤバイ。

そして助からない・・・

正直なんの達成感も爽快感もない、ドキドキして疲れるだけっていうʬʬʬ

あ、そうそうこの5分間もがくことが出来るとちょっとネタバレ的な画が観れるよ。

冒頭に出てくる友人らしき男性が・・・

さぁ!とにかくもがけ!生き残れ!

もしかしたら生き残れるGOODエンディングが観れるかもしれないぞ!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer