「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

AZUMA HITOMIとは?【アニメ フラクタルOP】

『フラクタル』 (FRACTALE) は、A-1 Pictures制作の日本のテレビアニメ。

2011年1月から3月までフジテレビ・ノイタミナ枠などで放送された。
フラクタル
> フラクタル – FRACTALE – 公式ブログ ココ!
“終われない世界”に、立ち向かう決意をした“退廃した未来”を舞台に、少年と少女の出会いを描いた壮大な冒険物語

世界を管理する“フラクタルシステム”が完成し、人類は史上初めて、もはや働かなくても生きていくことができる圧倒的な楽園に足を踏み入れた。

それから千年―

システムはいまだに生き残り稼働し続けていたが、もはや誰もそのシステムを解析できなかった。

多くの人々が、その維持こそが、人類の幸せの条件だと信じて疑っていなかった。

物語は、そんな「フラクタル」が崩壊し始めた、ある大陸の片隅の島で始まる―

漫然と日々を生きる少年・クレインは、ある日何者かに追われ崖の下に転落した少女・フリュネを助ける。

少女との出会いに心躍らせるクレイン。

だが、フリュネはブローチを残しクレインの前から姿を消した。

ブローチに残されたデータには、少女の姿をしたアバター、ネッサが閉じ込められていた。

ネッサとともにフリュネを探し旅にでるクレイン。そこで彼は“システム”の秘密を知ることになる―


2011年のアニメをなぜ今さらながらに取り上げるのか?

先日アニメのオススメを聞いたところ、数人から色々と教えてもらいました。

「お嬢」からヒカルの碁を薦められ、全て観終わりました。

「千鶴」から鋼の錬金術師を進められ、新旧・劇場版も含め全て観終わりました。

その流れから、そういえばフラクタルって全部観てない気がするなぁと思い、それを観始めたところ衝撃の事実!

そうだ!わたしゃこのオープニング曲がかなり好きだったはず!

というわけで、これを歌ってるのは誰なのか?他にどんな曲があるのか?

AZUMA HITOMI
MHF001572.jpg
> AZUMAHITOMI オフィシャルサイト ココ!

1988年 東京生まれ ソングライター/サウンドクリエイター/シンガー

小学校高学年より楽曲作りを開始。中学生でシーケンス・ソフト「Logic」と出会い、アレンジからミックスまでひとりで行う、デスクトップ・レコーディングに目覚める。

大学(文学部文芸思想専修)進学後、ライブを中心とした本格的な音楽活動をスタート。都内各ライヴハウスにて毎月数本のパフォーマンスを行い、ベッドルーム・ミュージシャンの枠に収まらない動きを見せてきた。

2010年12月、コアなファンを持つ先鋭的なネット配信レーベル「Maltine Records」よりオリジナル音源「無人島」と、芳川よしのによるリミックスを配信リリース。「新世代のポップ・ミュージック」として高い評価を得た。

2011年3月、TVアニメ「フラクタル」のオープニング・テーマ「ハリネズミ」をEPICレコードジャパンよりリリース、メジャー・デビュー。

AZUMA HITOMIの新作アルバム『CHIRALITY』(キラリティ)が6月25日にリリースとなる。

デビュー以来顔出しを禁じていた彼女だが、今回の発表とあわせ遂にアーティスト写真も公開となった。

素顔を明らかにすることからも、今作に対する意気込みを感じるところだ。


てなわけで、来月アルバムリリースと顔公開っていう意外にも旬!な感じです。

さすがカオス理論、完全に遅れをとってるようで実は新しい!

まぁいい。とりあえずその気になるオープニング曲「ハリネズミ」を聞いて欲しい。


どうなのコレ!?

めちゃくそ透明感あるし、なんだかよくわからん疾走感。

歌声からするともうちょっと年齢上な印象を受けてたけど、実はまだ若いっていう。

なんかね、ほとんど自宅録音とかしてたりするようで、その模様をユーストで毎週放送もしてるらしい。

その光景がよくわかる動画もおいておこう。


演歌界の大御所、北島三郎「まつり」をカヴァーするという大胆なやつ。

もうね、この時点じゃまだ顔公開してないんだけど、動画を観る限りじゃ完全に非モテ宅録女子。

期待出来る要素がひとつもない・・・

けどなんかブチギレてて突き抜けててカッコイイ!

後半は双剣装備して乱舞する。

真鬼人化も完全に解放して、赤ゲージ消費体力1ミリまで振りまくり!

深夜、独り部屋の中、ピコピコ音のもとノリノリである。

もはや狂気!

でもこういう音楽性が本質?打ち込みが結構メインのようだ。

前述の「ハリネズミ」も打ち込みまくってはいるけど、それほどピコピコ音じゃないし、それより歌声に耳がいくから気づきにくいんだろね。

そしてわたしが最も衝撃を受けたのがこちら!

AZUMA HITOMI 「破壊者アート」~要塞ライブ #1


宙に浮かび発光するキック・ドラム、自らプログラムしたLED照明システムをバックに激しくベースをプレイしながら歌う、噂の"要塞ライブ"がついに­映像化!

第一弾は、1stアルバム『フォトン』収録曲でも出色のハードナンバー「破壊者アート­」。

こいつが本体か!

これから比べると「ハリネズミ」なんぞぬるいわ!

マジか・・・カッコよすぎんべ?なんかもう才能というかセンスというか、とにかくすごい衝撃だ・・・

こういうミュージシャンがCDセールスTOP10とか食い込んだりするのが見たいなぁ。

まぁ時代が合わないんだろうけどさ。

ね?このへんはともかく「ハリネズミ」はなかなか万人に対して高評価えられそうだと思うんだけど。

> AZUMA HITOMI Official Channel ココ!


そんでフラクタルに戻るけど、とんでもなく好きなキャラがいる。

「ネッサ」というキャラだ。
fractale1_88.jpg

わたしゃアニメは好きだけど、毎週張り切って観るようなことはしません。

それだけに声優も誰が誰だか知らないし、たいして興味もない。

しかしながらこの声優はイイ!

花澤 香菜

> 花澤 香菜 ココ!

まぁざっと出演作品みたけど、ほとんど見たことないわ・・・

たいていは「あぁあのキャラもそうだったのか!」てなるんだけど、まぁ見たことないわ・・・

でもネッサのキャラと声優はピッタリだ。

そうそう、鋼の錬金術師のアルフォンスもかなり好きね。

っと調べてみたら釘宮 理恵さんでした。

ざっと動画みて演じたキャラチェックしたけど、女キャラより男の子キャラがいい感じだった。


フラクタルも11話しかないし、そんなもんで収めたらよくわからんね。

というか3話くらいまではかなり最高なアニメだったよなぁ。

絵柄・世界観・設定・キャラクターとすごく良い素材だったのに、後半はもうよくわからん。

前半のままずーっと引っ張っても良いくらい面白かった。

さて、次はなんの動画をみたらいいのだろう?

金属のディソナンスの「シグ」オススメ『四畳半神話大系』でも観ようかね。

って、探すの大変そうだな・・・

関連記事

コメント

花澤さんが良いとおっしゃるのなら
となりの関くんをおすすめしますw
5分アニメなんですがほとんど
花澤さんの一人称という感じです
オモロイデス

Re: -ouka-

ん~5分アニメ・・・
普通のアニメでも1話あたり約20分くらいでしょ?
ぜーんぶ連続再生出切るならいいけど、そうもいかなくてかなりメンドくさかったしなぁ
でもハナザワさんいいね
というかネッサが好きだ
「ネッサは好きが好きよ」

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer