「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

VAN CANTO てなに?【アカペラメタル】

Van Canto (ヴァンカント)
VAN CANTO

Van CantoはまともにWikiもない。だけど熱い!

バンド名の意味は「カント」はラテン語の動詞「cantare」から派生し、「私は歌う」の意味を持っています。

また、多くの言語で、それは「歌う」を意味します。

「ヴァン」は名前だけを完了し、特別な意味はありません。

2006年に結成したおそらくメジャーでは唯一のアカペラ メタルバンド。

メンバーは6名で、そのうち5名がボーカル、1名はドラムを担当する。

リードボーカルはデスボイスのデニス・シュンケとソプラノボイスのインガ・シャルフの美女と野獣系。

そして高音ギター音担当のロス・トンプソン、低音ギター音担当のステファン・シュミット、ベース音担当はインゴ・スタージンガー。

また、各アルバムにはNightwish・Running Wild・Metallica・IronMaidenなどのカヴァー曲が必ず収録されており、オリジナルを知っていれば思わずニヤついてしまうほどの完成 度になっている。




今現在アルバム6枚出してるんだけど、そのうちの5枚目に当たるのかな?

METAL A CAPELLAていう日本独自企画のアルバムがある。

日本のみのカヴァーアルバムです。

01. Battery (METALLICA)
02. Carry On (ANGRA)
03. Kings Of Metal (MANOWAR)
04. Stormbringer (DEEP PURPLE)
05. The Bard's Song (BLIND GUARDIAN)
06. Rebellion (GRAVE DIGGER)
07. Bed Of Nails (ALICE COOPER)
08. Bad To The Bone (RUNNING WILD)
09. Master Of The Wind (MANOWAR)
10. Fear Of The Dark (IRON MAIDEN)
11. Wishmaster (NIGHTWISH)
12. Master Of Puppets (METALLICA)
13. TAKE TO THE SKY (オリジナル)




ドイツはマインツのパワー・メタル・バンドJESTER’S FUNERALのVoだったステフことステファン・シュミットによって2005年に結成されたこのプロジェクト。

当初必ずしもシリアスなものではなく、レコード契約が得られるとも思っていなかったようだが、自主レーベルからリリースしたデビュー・アルバム「A STORM TO COME」が話題となり、他のメンバーが在籍していたDEADLY SINやFADING STARLIGHTといったバンドを脱退し、このバンド一本でやっていくことを決意している

ちなみに彼らがドラマーだけは普通のドラマーを起用しているのは、ドラムをクチでやると、どうしてもヒップホップのヒューマン・ビートボックスのようなものになり、メタル的なダイナミズムが演出できないから、とのこと。

ちょっと軽いノリでやってみたら意外にウケて、そのままガチでやるようになったようね。

とにかくカヴァー曲をどうアレンジするかってのが真骨頂だと思う。

もちろんオリジナルもいっぱいあるし、そのほうがアカペラ用に作ってるから完成度高いかもしんないけど、それでも既存の洋楽カヴァーこそ!

というわけで、カヴァー曲一覧をまとめようと思ったけど、あまりにも検索がメンドすぎる。

もともと洋楽をほとんど聴かないもんだから、なんのこっちゃわからん。

だから自分で探してください。

> Van Canto - YouTube ココ!

とりあえずYOUTUBEリンク置いときますね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer