「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

「配達員さん大好き」な4才の少年【動画】

なんていうだろなぁ。外人てさ、もうそういう環境に育っているからリアクションひとつとっても日本人と全く違うよね。

正直うらやましい。

感情表現がストレートというか、こうまで喜んでくれると仕掛けた側もうれしいよね。

━ある少年には、毎日のように荷物を送り届けてくれる仲良しの配達員さんがいた。

しかし、配達ルートの変更に伴い、少年の家にその配達員さんが来なくなってしまったのだ……。

すると、2人の友情を知った運送会社が、少年にある “プレゼント” を届けてくれたのである!



憧れの配達員のラガスカさんが、配達担当を外れてしまう!?

また、トラックが大好きなカールソン君は、配達のない日でも毎日のように窓の側に腰掛け、行き過ぎるUPSのトラックを眺めていたという。

ラガスカさんも、カールソン君の家の前を通り過ぎるときには、クラクションを鳴らして、彼に手を振っていた。

ある日、ラガスカさんの配達ルートが変更されてしまい、カールソン君への配達担当を外れてしまうのだった。

2人の関係を知ったUPSが、ある粋な計らいを見せてくれたのだ。

なんと、カールソン君が「UPS配達員」になって、ラガスカさんと一緒に荷物を届ける機会を設けてくれたのである。

任務は、ご近所にクリスマスプレゼントを配達すること。

しかも、冬用のUPSの制服や、カールソン君専用のUPSの小型トラックも用意されるという徹底ぶりだ!


> 「配達員さん大好き」な4才の少年 ココ!


配達員のおっちゃんへの憧れと友情と、なんか凄いわ。

驚きと嬉しさを隠すことなく前回で表現する。

日本人の文化では到達出来ないものだよね。

いやもちろん日本人には外国には無い独自の良さがある。

侘び寂びというか情緒というか隠すことの美徳というか、そいういう部分では諸外国の中で断然トップでしょう。断トツ!

なればこそ必然。アメリカンなストレートさとは逆だもんね。

でも羨ましいな。

てかこの男の子可愛すぎしょ!?

何このリアクション?テレビや映画では絶対演じることの出来ないリアクション。

日本人、いえ自分だけでもいい。

人からの好意に対しては外人になりきってオーバーリアクションすることをここに誓う!

些細なことでもいい。1の好意に対して10のリアクションを返そう。

やっぱ喜ばれるのって嬉しいしね。

もうわたしは今日から欧米化!

とりあえずアレでしょ?喜怒哀楽の全てを「マイガッ!」とか「ジーザス!」て言えばいいんでしょ?
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer