「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【闘覇ライトボウガンの考察】(動画有)

おーい!なんで未だにTOP画像がグレンなのさー!

ていうもやしブログの人。
【闘覇ライトボウガンの考察】(動画有)

今回も非常に興味深い素敵な考察を垂れ流してくれました。

天廊武器のノヴァエラがブッ飛んでますね。
mhf_20150319_124219_124.jpg

でね、やっぱり闘覇が活かしやすいライトボウガンなんだろなぁと思ってたけど、しっかりきっちり考察してくれてます。

闘覇でライトボウガンを使ったら

闘覇スキル全般に言える事ですが、
【メリット】
倍率1.2倍(火事場・秘伝と同じ位置の乗算に掛かる補正)

【デメリット】
スタミナが即切れる為、回避入力が出来ない → 実質ガチ戦での運用が難しい。

【秘伝補正+闘覇補正】
大秘伝闘覇無し:1.4倍
珠秘伝闘覇:1.44倍←デメリットを考慮した上でのメリットほぼ無いと判断。
大秘伝闘覇:1.68倍←スキル欠けを起こしやすい。

どうやら閃光で縛れるなら何のデメリットもなく思う存分闘覇れる。

拘束出来るならPJSや超速射の方がいいんじゃないの?

速射:閃光拘束外れる瞬間に怯みが入ったら追撃を入れられる。閃光タイミングを合わせやすい。

超速射:HCモンスター等では7発撃ち切り→リロードが閃光拘束中に間に合わない可能性が有る。

PJS:初段に補正が乗らない。"節約達人"に劣る可能性が出てくる。リロードの問題。

これらを考慮した上で、個人的には"速射スキル付きの速射"を推奨します。

やっぱ速射だよね。いまいち面白くないけど速射だよね。

うちの猟団にもライトスキーが二人いますが、かたくなに超速射を推しています。

ノヴァエラ(攻撃全振り)=攻撃力846(倍率705)

ソウルスパルタカス絶(G級武器)=攻撃力640(倍率534)

テオ=フラム(烈種武器)=攻撃力492(倍率410)


闘覇の場合はスキルを削りやすい超速射もありだとは思うけどね。

> 【闘覇ライトボウガンの考察】(動画有) - MHF-G もやしぶろぐ ココ!

スキルシミュも貼ってあるので参考にしたいとこです。

(代償は怖い。閃光投げて雑魚が寄ってくる恐怖・・・)

てかボウガンてスキルが物を言うから本当に組みにくい。

ガチ戦なら適応撃もやりやすいかもだけど、秘伝防具で発動させにくい。

ん~天廊ノヴァエラにどの石を詰めるのがいいか。

火事場・達人。はたまた餓狼・・・

難しいね。

まぁ何より難しいのは近接武器と混合パーティー組みにくいっていうとこだけどさ。

何度となく嫌味を言われ、何度となくパーティー解散されたことか・・・

またライトで場を荒らそうかな。

てか支援向きに調整入れるんだっけ?どうなるんだろね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。