「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

LED電球スピーカー【LSPX-100E26J】

音と光が降りそそぐ空間をソケットに差し込むだけで実現できる 。

電球を取り替えるだけで、照明が音楽再生機器なんだってさ。

LED電球スピーカー 『LSPX-100E26J』



ダイニングやリビングルーム、寝室などの照明器具の電球※を本機に取り換えるだけで、電球から音が出る新体験を実現します。

配線作業の煩わしさや、物が増えつづける悩みなどを感じることなく、通常のLED電球と同等サイズまで小型化したシンプルなデザインが、インテリアに自然に溶け込みます。

これまで音楽再生機器があまり設置されておらず、音楽を楽しむという感覚が薄かったキッチンや洗面所なども、本機をソケットに差し込むだけで、明かりと一緒に音楽が降り注ぐという感覚を体験できる空間に変わります。

加えて、Bluetooth®対応スマートフォン、タブレットやPCなどから、端末内の音楽を手軽にワイヤレス再生できます。

また、スマートフォンに加え、付属のリモコンでも音量と調光のコントロールが行えます。

電球色の光で、リラックスした優しい明かりを実現しています。

スピーカーを前面に配置しているにもかかわらず、ソニー独自の技術である、スピーカーが照明を遮らない光学設計により、照明光源としても十分な機能性を発揮します。

明るさは全光束360lm(ルーメン)です。

また音質面では、40mm口径、2Wのフルレンジスピーカーを前面に配置したことにより、クリアなサウンドを実現しています。

ほほう。LED電球をコレに付け替えるだけで音楽も聴けちゃうって感じなので。

いいんじゃない?夢があってさ。

アレでしょ。Kickstarterとかのクラウドファンディングで資金調達するよ~とかそういう夢物語なんでしょ?

・・・とか思ってたらSONYじゃん!

しかも今月発売じゃん!23日発売やん!!

まぁ電球1コ2万円くらいだけどさ。

LED自体はかなりの超寿命だから問題ないけど、スピーカー部はそこまでいかないらしい。

だから1年保障。

けどさ、LED電球としては使っていけるだろうから、まぁまぁいいかもしれない。


音実はお察しレベルかもしれないけど、なんか夢があるわ。

音量や調光のコントロールといった操作も、Bluetooth対応のスマートフォンやPC、タブレット端末などの画面上で可能。

また照明器具タイプ別にプリセットされたイコライザーにより、音質も調整できるとのこと。

お風呂場で使えるかな。使えないことはないんだろうけど、さすがにちょきついか。

以前、有線の機械とスピーカーが埋め込まれてる部屋に住んでたことあるけれど、あれはなかなか良かった。

ジャズなんかポロンポロンと流しながらゆっくり過ごしたりすると、なんだかすごいお洒落な感じだったよ。

音楽聴きたいならそういうスピーカーとか置けばいいじゃんて感じもするけど、これは一切のコードなく電源不要でスマホ操作だもんね。


> Life Space UXのLED電球スピーカーを発売 | プレスリリース | ソニー ココ!

これがある程度の需要があって売り上げ良ければさらに他社の開発とかあったり、どんどん品質向上するでしょう。

トイレの電球を交換して、こっそり心霊的な音を流したり・・・

クローゼットの中から女の人の泣き声が聞こえたり・・・

そんな一発ネタの為に2万円だったり・・・

どっか良い使い道ないかなぁ、と思ってたらあった。

そういやうちこんな感じでアッパーライト使って間接照明にしてるんだ。
ace2_01.jpg

この電球を交換しちゃえばさらにカッコよくなるね。部屋だけカッコよくなるね。なんか意識高くなっちゃうね。

欲しいわ。贅沢なおもちゃだわ。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer