「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

マンガ・アニメ原作のドラマが増加&失敗する理由【デスノート】

ドラマや映画はオリジナルストーリーで挑戦する作品もあるが、近年圧倒的に目立つのが漫画や小説を原作にしたストーリー、いわゆる"原作もの"だ。

このような風潮は今に始まったことではないが、テレビ業界に生きる人々はどう見ているのであろうか。
マンガ・アニメ原作のドラマが増加&失敗する理由

脚本家の意見

「本音を言えば、原作のないドラマを作りたいです。でも、オリジナルでストーリーを書いて、どんなに面白いと自分が思っても、テレビ局には企画が通りません。今は三谷幸喜さんや野島伸司さんなどの大御所しかオリジナルストーリーの企画は通らないと言われていますからね。局から言われた原作ものを脚本化する仕事ばかりの毎日です」(テレビドラマ脚本家)

プロデューサーの意見

「ドラマでも映画でも、企画段階でプロット(あらすじ)や脚本を作成しますが、オリジナルストーリーの場合には当然ながら文字しか見せられるものがありません。そのため、局の上層部やスポンサーの承諾を取ろうと脚本を読んでもらっても、本当に面白いのかどうか理解してもらえないのです。そこで上層部に理解してもらうために、既に絵や映像がある漫画やアニメに手を出すのです。それらを見せて『これをドラマ化します』と言えば、スムーズに企画が通るのですよ」(ドラマ制作会社プロデューサー)

決定を下す側に想像力が欠如しているために、このような風潮ができあがっているようだ。さらに、既に世の中に出ていることから、売上などのデータも参考資料として提出できるメリットがあるという。

「ドラマを作る際には、視聴率がどの程度取れるのかということも提示しないといけませんが、漫画や小説の場合には『何万部売れた』と言えますし、アニメも『視聴率が何%取れた』と提示できますので、説得しやすいのです。その反面、いくら面白いものを作れる自信があっても、提示できるデータが何もないオリジナル脚本はボツになります。三谷さんなどのドラマは過去の実績があるので企画が通りますが、若手脚本家ならばボツです。若いスタッフも育ちませんから、このままではいけないとは思っていますが、どうしようもないですよ」(同)

「せめて原作をそのまま映像化させてくれれば、原作ファンから怒られずに済むのですが、局の上層部は『ドラマ化するには内容を変えろ』とか『視聴率を上げるため、男しか出ない作品に女を出せ』などと言ってくるのです。その結果、原作の世界観を壊してしまう上、ストーリーも無茶苦茶な方向に進んでしまい、誰からも愛されないドラマができあがるのです。さらに、スポンサーの業種によっては原作の名シーンをカットすることもあります。たとえば自動車メーカーがスポンサーの場合、カーチェイスシーンはカットですし、飲酒もNGという具合になります」(同)

> マンガ・アニメ原作のドラマが増加&失敗する理由が悲しすぎる! | ニコニコニュース ココ!

というように、実は簡単な話じゃないみたいね。

「なんで原作通りにやらないの?」

ドラマスタッフてのはどのくらいの人間が関わるのか?

●制作部
・チーフプロデューサー
・プロデューサー(2~3名)

●演出部
・監督(演出)

●撮影部(技術部) 

●照明部(技術部)

●録音部(技術部)

●美術部

●メイク部

●衣装部

●車輌部

●その他

脚本家は撮影現場にほとんど顔を出さないそうです。

プロデューサーも現場レベルの仕事がないからあんま顔出さないそうです。

が、大部分がここで決まるようで、表に出るのもこのへんみたい。

俳優のキャスティングは誰がどのタイミングでどうやってるんだろね?
DEATHNOTE.jpg

進行や設定に関しては脚本家なんだろうけど、この時点で原作から大きくかけ離れてしまう。

脚本家の野望なのか、スポンサーの意向なのか。

だったらさ、「デスノート~アナザーストーリー~」とか名前変えたらいいのにね。

原作設定そのままに別の人間の物語。

テレビのニュースでは世界的に犯罪者が謎の心臓麻痺により連続死。

それを観てるのか観てないのかアナザー主人公。

趣味は地下アイドルのおっかけで、英語もよくわかってない。

原作の月
・東大主席合格
・デスノートの英語説明を当たり前のようにサラサラ読んでいく
・父親は有能警察官

アナザーの月
・英和辞典がないとデスノートの英語説明が読めない
・ドルオタ
・父親は仕事先での一人飯が趣味

とかなんとか、やれば脚本家もそれなりのオリジナリティ出してもやっていけそうじゃない?

なんだかんだ映画版が引き立てられちゃったなぁ。
158440cd095c6c2e7487ec226c4de25f_18382.jpeg

以前書いたかどうか忘れたけど、映画版のライトはあんま良くなかった。

デスノートは心理描写が必須なのに、映画版はそういう心の声がほとんどなかったと思う。

もう8割は心の声でいいんだけどな。

Lのマツケンは良かったね。カッコイイ。


・・・まぁいい。

だれの作品かわかんないけど「デスノート~その後~」をご覧いただこう。
789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb1714363305661.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb1714363305662.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb1714363305663.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb1714363305664.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb1714363305665.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb1714363305666.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb1714363305668.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb17143633056610.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb17143633056611.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb17143633056612.jpg

789cfbfabde4a37dba65fe823617c1e719e5bb17143633056613.jpg
> デスノート #1|無料動画 GYAO!|ドラマ ココ!

あとおまけ。2006年デスノート映画版のときの。


園子温 映画『リアル鬼ごっこ』
realoni_img01.jpg

園子温監督コメント
「リアル鬼ごっこ」というタイトルそのものにインスパイアされ、原作をあえて読まず、前からやりたかったこと、企画が結実しなかった作品のプロットをいくつも導入し、一から脚本を書きました。

今、連続して、「ラブ&ピース」「ひそひそ星」と、オリジナル作品を作っていて、この作品も“オリジナルストーリー”として3本目になります。

でも前2本とも僕のファンが期待しているようなグロテスクな作品ではないので、そういう意味では、この「リアル鬼ごっこ」はみんなが僕に求めているもの、期待している園子温を久々に出せると思います。

トリプルヒロインの3人とも、みなさんが思っている、例えば「トリンドルさんだったらこうでしょ」という像は破壊され、新鮮な新しい彼女達が見えるかと思います。

彼女達にとっても今後、役どころが増えていくような幅の広がりが日々見えています。

できあがった“人”と、できあがっている“芝居”を再確認するよりも、みんなが知らない人を発掘して驚かせたり、今までよく知っている人なんだけどまったく違うイメージで驚かせるという方が楽しい。

彼女たち3人は今、そんな感じです。


映画「リアル鬼ごっこ」
公開日:2015年7月11日(土)より全国ロードショー
監督/脚本:園子温
原作:山田悠介『リアル鬼ごっこ』(幻冬舎文庫・文芸社刊)
主演:トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜

もひとつおまけ。

旧・松山ケンイチ(L)
20080306204616.jpg

新・松山ケンイチ(ヒロシ)
CGwwhjRUAAANNkC.jpg

ライトの妹・三島ひかり(夜神粧裕)
Sayu-chan.jpg

ドラマ版のピョン吉の声優として活躍!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer