「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年3月オンエアの『Episode.ZERO』篇では、巨大な鬼の一族の襲来を噂に聞いた桃太郎が、犬・サル・キジを仲間にして鬼ヶ島に旅立ち。

2014年5月オンエアの『Episode.1』篇では、桃太郎が3人の仲間に出会う前、一人で鬼に挑み敗れた後、剣の達人「宮本武蔵」を訪ね、武蔵のもとで修行を積み、再び鬼に挑むべく旅に出ました。

さらに、2014年12月オンエアの『Episode.2』篇では、桃太郎の仲間である「犬」に焦点をあて、壮大な雪山のシーンの中で、犬の生い立ちから桃太郎と出会うまでのストーリーを描きました。
ペプシストロング ゼロ『桃太郎「Episode.3」』篇

本作の『Episode.3』篇は、桃太郎の仲間である「キジ」に焦点をあて、新キャラクターであるキジの双子の兄「カラス」も登場します。

キジとカラスは、鳥の王国の戦士として一族の中でも重要な役割を担っており、キジは「愛」で民を守り、カラスは「力」で一族を支配していました。 

ある日、兄のカラスは、更なる「力」への欲望に負け、強大な力を求めて鬼の仲間となり、自らも鬼と化してしまいます。

キジは奪われた兄の心を取り戻すため、鬼と化したカラスと戦う決意をします。

キジを含めた桃太郎一行は、鬼ヶ島にてカラスと激しい戦いを繰りひろげます。

圧倒的な「力」の前に、苦戦を強いられる桃太郎たちは、倒れそうになりながらも、最後にはカラスの心を取り戻すストーリーが壮大に描かれています。




▼過去作品






> MOMOTARO PEPSI ココ!

p_index_01.jpg

auの新CMシリーズ“三太郎”も悪くないよ。

ただペプシ太郎はセンスぶっちぎり。めちゃオサレ。

関連記事

コメント

auのCMおもしろいよね〜

昔話って残酷な内容だったり
それはないでしょ?と思う内容だけど
印象に残るよね〜

昔話とモンハンコラボできそう!
乙姫も、おつひめ!として
BCで登場するのw

濱田岳って金八時代から、いい演技してると思う~
オツ姫って、のりのりの事?
さて並ぶかな~

ジャスさんお久しぶりですー

濱田岳、結構好きです〜
いつも、影でブログは良く読ませて頂いてます〜

お嬢とのりさんとあと〜
ステさんのお相手よろしくお願いします。
(笑)
ではでは〜

Re:

>ノリスケおじさん
昔話か・・・なんかピーン!ときた
面白い事書けるかな

>土日もスロだよ!
濱田岳は映画ゴールデンスランバーの役が良かった
いまいち出番少なかったけどあれは良かった

>じろじろ
なんていうかこう・・・難病というか・・・
「えっ入院!?なんか病気なの?」て聞かれた時
「あ、うん・・・まぁ・・・」

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。