「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名プロサーファーが大会を失格になった理由

プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。

2015年5月に行われた世界大会「National Argentine Surf Championship」で勝てば、その後のキャリアを大きく飛躍させることになるだろうと言われていたそうだ。

が、彼は大会を失格になってしまった。


なぜなのか?

大会の会場には車椅子に座って波を眺める男性がいた。

マーティン・パセリが背負っていた人物は、ニコラス・ガレゴスさん。

18歳の時に事故で下半身まひになった男性だ。

彼の夢は、プロサーファーになること。

それは18歳から20年経った今でも変わらなかった。

そして、マーティン・パセリは彼のことを知り、自身のキャリアにとっても大きな影響を与えるであろう決断を行った。

大会では多くの人が彼のパフォーマンスを心待ちにしていた。

しかしながら・・・


動画を見ればわかる。

プロサーファーのマーティンがニコラスを背負って大会出場したからだ。

波に乗っていた時間が短かくはあれど、ニコラス・ガレゴスさんの夢は世界大会に出場するという最高の形で叶うことになった。

しかし、当然ながらマーティン・パセリ選手は失格に。

「本当のところ、俺は負けてなんかいない。今までで最高の波だった。人生で一番大きな勝利だね」

Licensed material used with permission by REEF, McCann Buenos Aires

めちゃくそカッコイイじゃないか!

これ実はパドリングの時点でかなり難しいんじゃないのかな。

上に乗るニコラスも下半身を使えない状態でバランスをとるのは相当でしょう。

もちろん下のマーティンも決して軽くはない体重を支えて立ち上がり波に乗る。

もともとニコラスもプロサーファーを目指してたようだし、そのへんは上手く息を合わせたんでしょうか。

いいよなぁ・・・

ちょっと最近リアル事情がすごく複雑でハードです。

うまいこと機能しない。

まったく人間てやつは困ったもんだよ。

自分だけが軽やかに回避してればいいってもんじゃなく、ちょっと難しいとこなのです。

パソコンもメインモニターがブッ壊れて、しばらくサブの小さい画面でやってるけど、もうなんもやれない。

MHFも上手くやれないし、そのへんのサイト閲覧も億劫になるくらいヤバイ。

新しいモニターを入手すると同時に、リアル事情まで一気に片付かないかな~?かなっ!!


関連記事

コメント

やばいす。
この話はやばい
めっちゃすごいよー
こういう行動こそが真のプロなのかな
めっちゃ感動しましたよ。

最近、涙腺が…www
話題の尽きないジャスさんブログもすごい

いろんな事への探究心、好奇心
ジャスさんらしいですね〜

いつも勉強になります。

Re: タご無沙汰です。じろう

正直あまりにもリアル時間がなくて適当な紹介になっちゃった
ホントはもっと熱く語りたかったけどなかなかね
かなり大事な大会だったのにそんなもん関係ない!やろうよ!っていうね
もっと小さな大会だったりで実現させることも可能だったでしょう
でもより大きな大会でサーフィンすることに意義がある
デカイぜデッカイ男じゃきに!

どう?やれる?

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。