「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

二区番人 ドゥレムディラ攻略【わかりやすいgifアニメ】

ひゃっはー!この体育館はボクのもの!凍らせちゃうよー!

誰にもバスケはさせないぜ?

ツルッツル滑っちゃうもんね。
ドゥレムディラ

っていうどうでもいい画像を作ってみたものの・・・時間返してよ。

まぁいいや。

そうじゃなくて二区番人がクソでしょ。即死技いっぱいだしなかなか闘えないしで覚えられないしょ?

だから文章とgifでわかりやすくまとめよう。

予備モーションをしっかり覚えればなんとなく対処できるはず。

gifいっぱい貼るからサイト表示が重くなるけどごめんね。

文章はwikiより抜粋。

第三形態 超覚醒

ぐで~んと倒れこみ画面がピキピキ・・・バリーン!て割れる演出。

第1区と違い画面が割れる演出後エリアチェンジが起こっている。

この関係か、倒れこみに入った時点で無敵状態になり、メテオ終了までダメージは入らないので注意。

ただし、仮死状態のアルゴルのように部位破壊は可能
MHF001114.jpg

というわけで、ちょっと休み時間です。

ダメージは入らないけど、部位破壊は可能。

破壊出来なかったとしても、棍棒の龍気は溜まるので、殴っとくべし。


踏み込み一回転

踏み込みつつ右手で引っ掻いた後、一回転して周囲を薙ぎ払う。

ルコ、レビの踏み込みひっかきの1発目をやった後、ディスの回転氷塊をやるといった感じである。

尻尾と、その後に発生する氷塊に判定があり、前転回避では片方しか間に合わず事実上の絶対防御対策攻撃として機能している。

ドゥレム自身は尻尾のみにしか判定を持たないので、ガンナーでも剣士同様接近するように回避すると良い。

氷塊の外に逃げられる場所に常に陣取るという方法もある。
bs2AvJ.gif

ぐるーんと360℃1回転する技。

その周囲に氷塊がズババーっと発生するから、それの内側にいるか外側にいるかしないとヤバイ。

たいてい攻撃してるから内側にいるわけで、ぐるりと周ってくる尻尾を回避する。

胴体には判定ないらしいので、どちらかと言えば内側に回避したらいいのかな。


急速凍結

1回転した後飛び上がって咆哮し、強烈な冷気で部屋の凍結を1回で完了させる。

冷気は一回転して飛びあがる際に放出される。範囲はフィールド全体レベルと広いので注意。

判定は放出される冷気にあるので注意。飛び上がりと同時に回避すると引っかかる可能性大。
fQWEtR.gif

両手を踏ん張ってかなり長めの溜め時間がある。

その後飛び上がってぐるんぐるんピカーン!と放出するのね。


尻尾冷気・改

尻尾に冷気をチャージするのは今までのたたきつけと変わらないが、それを前方に放つのが大きな違い。

3WAYで広がるため範囲はかなり広い。

さらにその後ボディプレスによる追撃が待っているので注意。

なお、コロリンでも2回目の回避は余裕で間に合うので焦らずに。
15345465.gif

この飛び上がりと同時に攻撃ってのがなかなか慣れない。

ほとんどの攻撃は着地時に攻撃判定てのが多いもんね。

でもよく見ると予備モーションがわかりやすい。

両手を内側に踏ん張るので、あっ!と思ったら回避じゃい。

そんでもって着地時も回避じゃい。

ちなみにこの3Wayに広がるやつに判定があるので、ドゥレムとの距離が離れてたらその分タイミングをずらさないとね。


冷気放出

わかりやすく言えば、ガルバの周囲結晶。

急速凍結同様、一回転して冷気を放出。こちらは部屋凍結後の急速冷気の代用として機能する。

違いとして一回転する際に放出、終了時に地面を殴って巨大な隆起を発生させる。
NRO6zF (3)

このへんは予備モーション似てるの多いなぁ。

とりあえず一回転時に回避。その後もドカーンと来るから回避。


壊毒ビーム・改

薙ぎ払う方向に首を斜め上に振り上げながら抉りビーム以上の膨大な冷気をチャージしつつ後退し、 その後壊毒ビームを前方に発射してから首を傾けた方向へ薙ぎ払う。

首が見えない環境であれば、上げている腕の方向に移動するとよい。
tIrkSm.gif

このgifではドゥレムが首を右上に上げてる。逆に左腕を持ち上げてる。

そうすっと右側にビュイーンとなぎ払いビームがくるわけだ。

とりあえずどっちか見とけばいいんだけど、そこは自分で決めましょう。

ただしバックステップするので、ちょっと距離が離れてしまうから、グッと接近しないと絶対防御&再燃も貫通して死んじゃう。


というわけで、結構な技が追加されてて開発の中の人も頑張ってくれたようだ。

ただ予備モーションが似通ってて、慣れないとよくわかんないや。

ちなみにわたしゃ1クエで10回くらい死にます。全く慣れていません。

そもそも闘う回数が少ないし、気軽に練習出来ないのが辛いよね。

さらに動画ってやつを観るのが苦手で、なんだかめんどくさい。

というわけで、天廊が終わったけど、次に活かす為にgifアニメにしてみました。

どこかで誰かの役に立つだろうと祈りを込めてみたよ。


天廊二区:高確率でボーナス部屋

サブ垢で15階まで登る

次の受注で2階登ったら、クリアせずに時間切れさせて17階登った状態にする

サブ垢でクエ受注し、メイン垢をPTに入れる

クエ開始後、サブ垢は即リタイアしてメインのみで登る

1階目の最後に高確率でボーナス部屋が出る

以後、3.以下を繰り返し



んーと、例えばソロで登ってくとこの17階に止まらないのかな?

2階・5階・9階・13階・15階とか登って、その次クリアすると+3階とかになっちゃって、17階をスルーしちゃう?

まぁよくわかんないけど、そういうことみたい。

サブ垢貼りやることないしあんま興味ないけど・・・

それよりもっと二区を走りまわってきちんと理解したいな。

あーでも理解しようがどうしようが時間かかる部屋ばっかりだよね。

個人的には石柱が左右からドッカンドッカン転がり落ちてくる部屋は良いと思う。

あれは理解して慣れればスイスイっと走り抜けられる。

技術として上達が感じられる面だ。

でもその他多くは理解してても時間がかかる。手順をわかってテキパキやろうとも時間かかる。

技術の向上ってのが全く感じられないから面白くない。

次の天廊では決定事項のように緩和されるでしょう。もうほんと最初から決定されてる。

しかしながら各種罠の被ダメージが緩和されるだけで、基本的には同じ部屋をそのまま持ってくるよね。

そうじゃないよー?そんなこと望んでないよー?

運営側には数値としてデータが残ってるでしょ?

二区参加人数・踏破回数が凄い少ないってわかるよね。

「二区解禁したばかりだし・・・」「イビルジョーを同時解禁したから・・・」「お盆明けでみなさん忙しかったと思うので・・・」

などとクソみたいな理由付けは出来るでしょう。

でも現場の担当は真実がわかるでしょ?

二区がクソだった。ただただ時間を浪費して面白みを損なう仕掛け。

いやあのアイデアいっぱいで作り上げたとこは素晴らしいよ。素晴らしいけど・・・

そうね。技術でカバー出来る部屋が増えたほうが良いんだよね。

スーパーマリオとかみたいに、単純に技術を向上させることで速攻クリアできるような部屋。
mario01_201508270507113f7.jpg

このコースを通って、ここで敵を倒しジャンプジャーンプでダッシュして~みたいな。

あとタワースキルのレベルを上げることでサクサクこなせる部屋ね。

これもある意味達成感を味わえるから良いと思う。

暫定的ではあるけど、次の開催ではいくつか部屋削除してしまったほうがいい。

「被ダメ軽減しましたよ~えへへ」なんてのはたいして影響ないよ。

そんなもんじゃ次回さらに参加者減るよ。

なんだったら「二区では踏破回数が倍になりますビュンビュン登れますよ!」くらいにしてもいい。

あ、39階の次のクリアしたら+8階、だけど40階で止まりますよとかいう狂った仕様じゃダメですよ。

もうひとつ。

あの風に吹き上げられるのは結構好き。ふわふわ~っと重力どこ行った?ての好きよ。

けどね、着地がバターン!・・・ゴロン、よいしょと起き上がる仕様がクソ過ぎる。

かと言って着地術のようなシュタッと降りるのもダメだ。

あれは回避行動のコロリンを使って欲しい。

風でビュー「お、おわ・・飛んでる? ううぅ、そりゃー!」っとコロリン着地。

これでいいじゃん。

いや峡谷の突風みたいにビュワーン!と一気に吹き上げられるタイプのがもっと良い。

ちょっと久々にアンケート書いとくかな。

> MHF-G公式サイト|9月2日まで『G8』アップデートに関するアンケート実施 ココ!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer