「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スケートパークで娘と遭遇した男に宛てた『母の手紙』

母親の勇気


カナダ・オンタリオ州に住むジニーンさん(Jeanean Thomas)は、一児の母。

6歳の娘、ペイトンちゃんと暮らしています。

ある日ペイトンちゃんは、母のジニーンさんに一つの告白をします。

「ずっとスケボーをしたかったけど、男の子がやるものだから、怖くてできないの。」

それを聞いたジニーンさんは「世の中には『男のもの』とか『女のもの』とかないんだよ」ペイトンちゃんを話して聞かせました。

ジニーンさんは、娘に先入観にとらわれてほしくなかったのです。

そして二人でスケートパークへと行きました。


するとまぁいるわいるわ。悪そなクソガキどもがゴロゴロいるわ。

タバコだかなんだか吸いながらHAHAHA!!とうるさいガギどもが。

それでも勇気を出して乗り込む親子。そこに一人の男がやってきた。

そこからのやりとりをお母さんがツイッターにあげたのです。

母親の手紙

スケートパークで会った男の子へ

あなたは15歳くらいでしょうか。

それくらいの年齢だったら、礼儀がちゃんとしてないかもしれないし、小さな女の子をがスケートランプに来ることを良く思わないかもしれません。

私の娘は何カ月もスケートボードをやりたがっていました。

(男の子が多くて怖がっていた娘を)私が説得して、スケートボードに挑戦させたのです。

いざ私と娘がスケートパークに行くと、そこには若い男の子たちがタバコを吸いながら汚い言葉を吐いていました。

それを見た娘はすぐさま帰りたくなりました。

娘には言わなかったけれど、実は私も帰りたいと思いました。

『娘を守る母親』としてあなたたちと話したくなかったから。

けれども、娘には怖がる人がいてほしくなかったのですし、『スケートパークで遊んではいけない』と思ってほしくありませんでした。

だから、娘が「お母さん、おっきい男の子がいっぱいいるよ」と言ったとき、私は冷静に「大丈夫よ。ここは彼らだけのものではないのよ」と答えました。

娘は勇気を出してランプを降りていきました…。

あなたやあなたのお友達が私の娘を追い越したり、レールでグラインドをしている中で。

娘が2、3回ランプを使ったあとでしょうか。あなたが娘に近寄ってきて「ちょっと…」って声をかけました。

私は「彼女だってこのスペース使う権利あるでしょう」と言う構えをしました。

しかしあなたは娘に「君、足の位置が間違ってるよ。手伝ってあげようか?」といったのです。

その後あなたは娘に1時間ぐらいコツを教えてくれました。

大人だってそんなことできないかもしれません。

娘が転んでしまったときは助けてくれました。

そして、レールは危ないから使わないようにと忠告してくれました。

それを見た私は、あなたのような人がこの地域の一員であることに誇りを感じました。

そして、あなたの友達が茶化しているのにも関わらず、私の娘にやさしくしてくれて感謝したくなりました。

初めてのスケートを終えた娘は、気持ちよく、自信に満ち溢れていました。

全てはあなたのおかげです。


Cited by http://grapee.jp/104514/2

男の子の勇気

はぁ。海外の人って凄いね。

こんなことが出来るのには二つの理由があると想う。

ひとつはやっぱ国民性でしょう。そういった文化のもとで育ってきた。

困ってる人は助ける。当たり前だろ?なにが問題なんだい?ってなもんでスマートにクールにやってのける。

もうひとつはスケボー大好き。マジで寝ても覚めてもスケボー。本当に愛してる。

だからこそ差別や区別なく、スケボー好きなやつは大体トモダチ!悪そなやつは大体トモダチ!

おそらく彼にはこのどちらの心もあったかと思う。

だって15~6歳らしいじゃん。中坊かもしんないじゃん。

そんな彼が6歳程度の、しかも女の子が一人でよちよち滑ろうとしてるの見てさ、これどうするよ?

いや仲の良い友達を二人でいるとこに親子が来たなら、ちょっと助けてやろか!いいね!とか出来るかもしれない。

けど周りにゃ悪そなクソガキがいっぱいよ。

YO!メーン!マザファカ!とか言ってるわけよ。

そこで一人で親子に近づける?そりゃ周りは冷やかすよね。
16945_main (1)

まぁ仕方ない。これは世界共通でしょう。群れるとそうなっちゃう。

そんなの関係ないぜメーン!と女の子を助けられる彼の精神が素敵。

娘を連れ出した母親の勇気。仲間に茶化されても手助けしに行く勇気。

この体験は6歳のペイトンちゃんに凄く良い衝撃を与えたと思う。

スケボーは男の子のものだから女の子はやっちゃいけない、なんて思わなくて良いんだ。

困ってる人がいたら周りに何を言われても、自分は助けに行っても良いんだ。


むしろこれが当たり前なんだと心に刻まれたでしょう。

わたしの勇気

んとね、わたしも最近電車を使うことが多くなって、あれこれ考えるわけよ。

年配の方・妊婦・赤ちゃん連れの人とかに席を譲るべきか。

当たり前のように譲れるのか?
88803b3a-4f6b-4490-c4bf-fbd25cf7a4d7.png

人間として席を譲ったほうが良いですか?と質問されれば誰だって譲るべきだと答えるでしょう。

それが良い事だとわかっていても、いざとなるとなかなか譲れない。

「(断られたらどうしよう・・・)」とか、「(余計なお世話!)」なんて気分を害させるかも・・・

もしかしたらわたしの自己満足に過ぎないんじゃないか。

とかなんとか考えたりするとなかなか行動に移せないよね。

やっぱさ、これって日本が悪いわ。文化がそうなってないんだもん。

小さい頃から席を譲るのが当たり前。困ってる人は助ける。

そうやって生きてきたなら、空気を吸って吐くことのように!HBの鉛筆をベキッ!とへし折る事と同じようにッ。できて当然と思う。大切なのは『認識』すること。譲ることが当たり前と『認識』して実行出来る。

そしてもうひとつ、そういう気遣いを当たり前のように受け入れられない人も多い。

前述のように余計なお世話と言わんばかりに拒否するご老体。

これも同じようにそこまでの人生をそうやって生きてこなかったから。

誰かを助けるのが当たり前と生きてきたなら、自分が助けられる番になったことを自覚し素直に受け入れられる。

例え数分後の次の駅で降りるとしても、譲られたら快く受け入れる。

なんだかんだお互いの思いやりだよねぇ。

わたしゃ怖いわ。勇気出ないわ。


電車で席を譲るコピペ

ババァにレディファーストのコピペ
昨日、仕事中に乗った都営新宿線で婆さんが前に立ったんで
サッとさりげなく席を譲ったんだよ。

そしたら、婆さんランキングではローアークラスだったらしくて ムッとした顔で「そんな歳じゃない」とか言い出してさ。

そんなん空っぽの席を前にしてあーだこーだ言ってたって 気まずいだけじゃない、お互い。

ジェットストリーム張りの低音でさ、耳元に囁いたったの。

「お歳だなんてとんでもない。レディファーストですよ」て。

ババァが真っ赤になって照れる姿なんて初めて見た。

量産型のババァが一気にシャア専用。

もう、ね。血管切れて死んだらたぶん俺犯人て感じ。

「も、ば、なにいって、ちょww」

とかもう、グダグダのカミカミでなにそのツンデレターン。

「ありがと」とかちっちゃく囁かれちゃった。

あれだね。俺わかったよ。ちぃ覚えた、って感じ。

女はいくつになっても可愛いレディになれるってことだね。

思わずちょっと勃っ、いやなんでもない。

田舎のお母さん、ぼく紳士になれたよ。


ガラの悪いお兄さんと小さな男の子コピペ
電車の優先席で居眠りしていたガラの悪いお兄さんがいたんだ。

それを小さな男の子が揺り起こして「おばあさんに席を譲ってあげてよ」って。

そしたらお兄さんがスクッと立ち上がって席を譲ったあと

「よう坊主!すまなかったな、その気持ちずっと忘れるなよ」って頭を撫でてた。

寒かったけど心は暖かな一日になりました。


みんなどうかな?HBの鉛筆のように席譲れる?

譲ったはいいけど座ってくれないとか考えると恥ずかしいったらありゃしない。

ぽっかりと空いた席が気まずくて仕方ない。
11463_02.jpg

・・・よし!わたしは決めたよ!

ちょっとやそっとでスマートに席を譲ることは出来ないかもしれない。

しかしながら!

わたしが譲られる立場になったら、今この気持ちを胸に刻み込み、クールに着席するとしよう。

そしてさりげなく、ベキッ!とへし折るように「ありがとう」と言おう。

あまりに大げさに感謝すると譲ったほうが恥ずかしくなっちゃうからね。

というわけで、席を譲るのはハードル高いので、譲られた場合の事だけ考えて生きてくとしよう。

ほれほれ、遠慮なく譲ってくれていいぞ。

今日からわたしは譲られるプロ!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer