「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾田栄一郎が嫉妬した漫画「四月は君の嘘」

よくわからんけどワンピース作者の尾田くんが嫉妬したらしい。

面白すぎる!
MHF001444_201601040900449a8.jpg
原稿の締め切りが迫っていたある日、気分転換に1、2巻読むつもりだったところ

「全巻読んでしまって、こっちが原稿を落とすところだった」

「グイグイ引き込むんじゃないよ! 冗談じゃない!!」


とまでに彼を夢中にさせた。

というわけで、なんとなーく読んでみた。

あ、いや調べてみたらアニメ化されてたので、それを全話観たよ。
RE_paint_retouch_CMYK_check.jpg

ーあらすじー
かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月。

14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。

ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼なじみのである公生とも行動を共にするようになる。

公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気を遣って想いを伝えない。

椿は公生のかをりへの恋心に気付き、また自身に芽生えた公生への恋心にも気付き苦悩する。

かをりは、公生のことを友人Aと呼び、ぞんざいに扱いつつも、自分の伴奏を命じるなど、公生を再び音楽の世界に連れ戻そうとする。

また、かつて公生の演奏に衝撃を受けピアニストを目指すようになったライバルの相座武士や井川絵見にも背中を押され、公生は再び音楽の道に戻っていく・・・

アニメは全22話+αで構成されてて、これがまた見事!

アニメ観た後に原作も読んだけど、これかなり忠実に作りこまれている。

原作で表現したいことが、素晴らしい音楽と交じり合うことで完成されたんじゃないでしょうか。

原作の時点で詩的な表現が多くそのまんまアニメになったもんだから、やたらと心情描写のセリフが多い。

で、ちょっと気になったのがその詩的なセリフまわしね。

「僕らはまだ 旅の途中にいる」

「この先は暗い夜道だけかもしれない それでも信じて進むんだ 星がその道を少しでも照らしてくれるのを――」

「魅かれるコに好きな人がいるのは当然 恋をしてるからそのコは輝くんだもん だから人は―――理不尽に恋に落ちるんだ」

「届くかな 届くといいな」etc.

こんなセリフがさらさら出てくる。

これ中学生あたりならそりゃもうズバーッと魂に刻まれちゃう。ドハマリしちゃう。

で、画風がとても見やすい。

少女マンガ好きな女の子でも違和感なく読めると思う。オススメ。


っていう「四月は君の嘘」が2016年実写映画化されるんよね。
尾田栄一郎が嫉妬した漫画は四月は君の嘘

キャスティングにかなりの賛否があるようで、わたしも同じく違和感ありかな。

まぁでもそれなりに名前の通ってる俳優を起用してるので、ある程度のクオリティが発揮されるでしょう。


それにしても良い作品観れたわ。

これは是非ともオススメしたい。

コミックスも11巻とコンパクトなので、さらっと読むにはマジおすすめ。

どうにかしてチャンスあらばこの作品に触れてほしい。

アニメならちょちょっと検索すれば出てくるんじゃないかな?

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。