「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ「ケース」を投げて飛距離を競う大会『スマ投げ!』開催

もしもしぃぃっぃぃぃぃい!!

ってどいういうことなの?

スマートフォングッズを扱うHameeは、スマートフォンケースを投げて飛距離を競う「第1回スマホケース投げ世界大会」(通称『スマ投げ!』)を、3月19日に開催します。

会場は神奈川県の小田原市城山競技場、スタートは13時から。

無料で参加可能で、特設サイトよりエントリーできます。
01 (1)

優勝賞金は3万円、入賞者には大会謹製のスマートフォン充電器が進呈されます。

また、参加賞や、公式サポーターである小田原市のご当地アイドルグループ「ぷらむ〇ガーデン」選出の賞も用意。

なお、大会当日は「ぷらむ〇ガーデン」のミニライブと撮影会も行われる予定です。
BrxTDHOCMAApGQq.jpg

ぷらむ○がーd・・・

これは磨けば光るってやつなのかな!?
MHF001502_201603082234540b6.jpg

> Hamee主催:第1回スマ投げコンテスト | Hamee ココ!

スマホケースの重量制限はあるものの、投げ方や形状は詳細に決まっていません。

ルールの穴を突け!

ご自身でお持ちのスマホケースを当日はお使いください。

投げるスマホケースは形状のカスタマイズは自由です。ただしiPhoneやスマートフォンがちゃんとハマる形にしてください。

使用出来るスマホケースの重量は100gまでとします。

ドローンなどの遠隔操作出来るものをケースに取り付けることは禁止です。


てかスマホならいざ知らずケースてペラペラで全力で投げてもヘロヘロ~て落ちるよね。

じゃやっぱ軽量でもいいフリスビーのように回転させて飛ばすのがいいんじゃないだろか。

てかもうフリスビー型のケースあるでしょ?

と思ったけどさすがに見つからなかった。

それじゃこれだ!
disneytetyou-06.jpg

手帳タイプを開いて正方形にして飛ばす!

レザー製がいいかもしれない。

それなりの重量を持ちながらフリスビーのように飛ばせそう。

そんで余計な部分はカットし、100gに限りなく近づけるようにカード等入れて調整。

いやケースの四隅に重りを配置し安定した飛行を可能にしよう。

・・・ん~でもルールが穴だらけでめちゃくちゃになりそうな気もする。

とりあえず限りなく見た目は普通の手帳型ケースなので、この作戦はいける!

記念すべき第一回大会。優勝狙うか。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。