「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

インターネットテレビ局「AmebaTV(アベマティーヴィー)」が本開局

株式会社サイバーエージェントと株式会社テレビ朝日が共同出資で設立した「株式会社AbemaTV」が4月11日より24時間無料で閲覧できるインターネットテレビ曲「AbemaTV」を本開局しました。

懐かしのアニメから、深夜アニメの人気作品、MTVやお願いランキングなど全24チャンネルを無料で視聴できます。
無料でアニメやテレビ番組が見放題!インターネットテレビ局「AbemaTV」

サービスブランド名が従前よりサイバーエージェントが提供している“Ameba”ではなく“Abema”となっているのは、「AmebaTV」の名称が海外企業による別サイトに利用されているため。

というわけで、地味に開局しました。

インターネットで観られる無料テレビっていうと何故か成功するとは思えない不安でいっぱいだけど、今回はちょっと違うみたい。

だいたいなんで失敗するかっていうと需要が無いのよね。

需要ってのはもちろんチャンネル数であり、見たい番組があるかどうか。

それがこのアベマではそこそこ充実している。

全24チャンネルの番組一覧を見るといくら時間があっても足らないくらいのボリュームです。

AbemaNewsチャンネル:テレビ朝日報道局が制作を請け負う24時間ニュースチャンネル

AbemaSPECIALチャンネル:オリジナルのバラエティ番組を中心に、音楽LIVE、24時間密着などの特別番組を生放送するチャンネル

お願い!ランキングチャンネル:テレビ朝日の人気深夜番組「お願い!ランキング」との完全連動チャンネル

SPECIAL PLUSチャンネル:「AbemaSPECIALチャンネル」に加えて、大型スペシャル番組を放送するチャンネル

記者会見チャンネル:話題の人トピックに応じた記者会見を完全生中継するチャンネル

REALITY SHOWチャンネル:海外で人気のリアルで超過激な恋愛番組や著名人の密着番組を24時間放送するチャンネル

MTV HITS:最新のヒット曲や、お勧めのアーティスト、テーマ別特集など洋楽を楽しむ音楽チャンネル

SPACE SHOWER MUSIC CAST:日本のロック、ポップスを中心に、メジャー/インディーズ、ジャンルを問わずセレクトし、注目のアーティスト特集や最新ヒット曲のミュージックビデオなどをお届けする音楽チャンネル

ドラマチャンネル:国内外の話題のドラマ、懐かしの人気ドラマを楽しめるチャンネル

Documentaryチャンネル:世界で話題になったドキュメンタリー映画や、日本初公開の映像も楽しめるチャンネル

バラエティチャンネル:人気テレビバラエティ番組や人気芸人のお笑いライブを放送するチャンネル

ペットチャンネル:人気ペットが登場するオリジナル番組など、癒やし満載の可愛いペット映像が楽しめるチャンネル

CLUBチャンネル:世界各地の音楽フェスティバルの映像やEDMの最新ミュージックビデオが楽しめる音楽チャンネル

WORLD SPORTSチャンネル:海外国内のメジャーからマイナースポーツまで、試合映像などが楽しめるスポーツ総合チャンネル

YOKONORIチャンネル:世界中のサーフィンスノーボードスケートボードの試合や作品映像が楽しめるチャンネル

VICE:混沌から秩序まで、世界各地のスタンダードをレポートするドキュメンタリーチャンネル

アニメ24チャンネル:人気のアニメ作品を中心に楽しめるアニメチャンネル

深夜アニメチャンネル:深夜に放送された人気作品を一日中見られるアニメチャンネル

なつかしアニメチャンネル:子どもの頃に体験した感動、興奮が蘇るアニメチャンネル

家族アニメチャンネル:世代を問わず、一人でも、家族でも楽しめるアニメチャンネル

Edge SPORTチャンネル:BMX、モトクロスなど世界中のエクストリームスポーツを楽しめるスポーツチャンネル

釣りチャンネル:多種多様な釣り映像が楽しめる釣りチャンネル

麻雀チャンネル:オリジナル対局番組など24時間いつでも麻雀番組が楽しめる麻雀チャンネル

AbemaTV FRESH!チャンネル:生放送が見放題!約300チャンネル1,000番組が楽しめる「AbemaTV FRESH!」への入り口となるチャンネル

文字で見てもわからんね。件のサイトはとても見やすくシンプルにチャンネル管理されてるので、とりあえず一見しといていいでしょう。

> AbemaTV(アベマTV) | インターネットテレビ局 ココ!

ただこういう無料局ってのはどうやって収益をあげるんだろね。

一応有料会員のなんかもあるみたいだけど、それはおまけらしい。

なんたってやっぱり広告収入でしょう。

また5月を目処にテレビ番組と同じようにCMも放送される予定となっています。

まぁ結構な数の視聴者が必要なんだけどね。

それに民放キー局のようなCM単価とはかけ離れているだろうし、簡単ではない。

パソコンの前に座ってテレビってのも・・・動画サイトは観きれないくらいあるし・・・

でもでも特に何ってわけでもなく観たいなら作業中にぴったりでしょう。

とにかく今は意外にコンテンツしっかりしてるし上々よ。

スマホでも観れるし暇な時だらだらするにいは丁度いい!

あとは国内大手のアメーバブログとやテレビ朝日が全力で連携すれば儲かるはず。

がんばれ。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer