「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モンハン』以外にミリオン級の「大型タイトル」を2本投入。1本は400万本クラス

カプコンが10日に開催した決算説明会において、主力のデジタルコンテンツ事業における2017年3月期(2016年4月〜2017年3月)の主要タイトル販売計画が発表。

すでに発売タイトルが幾つか明らかになっていますが、「その他大型タイトル」の投入が2本予定されており、2作合計で600万本の販売を計画していることが明らかになりました。

『モンハン』ではない大型タイトルで400万本、200万本、計600万本を狙う。

9日に発表された通期決算において、2017年3月期の発売タイトルとして『戦国BASARA 真田幸村伝』や『バイオハザード アンブレラコア』『逆転裁判6』『モンスターハンター ストーリーズ』への期待が明らかになっていますが、カプコンは『モンスターハンター』関連タイトルで200万本級、「その他大型タイトル1」で400万本級、「その他大型タイトル2」で200万本級を目指すと発表。

400万本を狙えるカプコンのIPとなると『モンスターハンター』を除けば『バイオハザード』ということになりますが、いよいよ本編最新作が登場してくるのかどうか。

> 株式会社カプコン | ミリオンセールスタイトル一覧 ココ!

モンスターハンターというブランドは強い。かなり強い。

しかし実際のミリオンセールスの実績を見ると、「バイオハザード」の凄みがわかる。

まさに世界での販売なので強烈だ。

もちろん切り札はまだある。

「deep down」


> deep down 公式プロモーションサイト 【カプコンオンラインゲームズ】 ココ!

deep downとは、2013年9月9日、「SCEJA Press Conference 2013」で発表され、カプコンが開発中のオンラインゲームである。ジャンルは記憶を読み取るRPG。基本料金無料、ダウンロード版のみで2015年発売予定。略称は『DD』。

もう2016年も半分を過ぎようとしている。

続報がない。

てかどうなるんだろね。

てか『モンハン』ではない大型タイトルで400万本、200万本、計600万本を狙う。

どうなるんだろね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。