「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

このマンガがすごい!2017発表!「ざわ・・・ざわ・・・」

宝島社がその年の人気マンガをランキング形式で発表するガイドブック「このマンガがすごい!2017」(宝島社)が10日発売され、オトコ編の1位は、人気マンガ「カイジ」シリーズのスピンオフ「中間管理録トネガワ」(講談社)、オンナ編の1位は、小学館漫画賞を受賞した「町でうわさの天狗の子」の作者・岩本ナオさんの「金の国 水の国」(小学館)だった。


福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。

時間軸としてはカイジ本編より前であり、大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない。

いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

第一話 無料試し読み

> 『中間管理録トネガワ 第1話』試し読み|講談社コミックプラス ココ!

絵柄がねぇ。あんな簡単に描けそうなものなのに、なんだか”凄み”ってやつが足りない。平和だ。

もっとこう緊張と緩和を振り切ったギャグ漫画にしてほしいな。

どっかのタイミングでいずれカイジとのすれ違いがあったりするよね。楽しみ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer