「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンワールド雪山スポーツゲー『STEEP』

『Steep』の海外レビューです。

ジャンル:スポーツ 機種:PS4/Xbox One/PC 開発:Ubisoft Annecy 販売:Ubisoft


8.0/10 Worth Playing

『Steep』は非常に良く出来たゲームで、ここしばらくはないがしろにされてきたジャンルにとっては尚更だ。

パラグライダーを退屈に感じる人は多いかもしれないが、スキーやスノーボード、ウィングスーツはエキサイティングで、その存在価値を十分に証明している。

特定のイベントを制覇していくことよりもオープンワールド探索に重きが置かれているため、よりのんびりとした雰囲気のゲームに仕上がっているが、一風変わったアクション・スポーツを許容できる人にとっては、エキサイティングな瞬間が盛り沢山である。

たとえ現行機により多種多様なウィンター・スポーツ・ゲームが存在していたとしても、『Steep』はチェックする価値があるだろう。


5.5/10 God is a Geek

良い点:
・楽しいスノーボード、スキー、ウィングスーツ
・ボリューム満点
・即座にリスタートできる

悪い点:
・とにかく困惑させられるデザイン決定
・無意味なオープンワールド
・おびただしい数の鬱陶しい箇所

のんびりと山肌を滑り降りたり、山の死の罠を駆け抜けたりといった、『Steep』におけるエクストリーム・スポーツの基本は楽しい仕上がりだ。

しかし、意味不明で腹立たしく、単に無意味なデザイン決定が足を引っ張っている。


といった感じでグラフィックやボリュームは満点。

けどなんか違うらしい。オープンワールドの意味もあるのかどうか。


「SSX」大好きなわたしだけに、これは一度プレイしてみたい。

広大な雪山の美麗グラフィック。それだけできっとステキなはずだ。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。