「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森のくまさん訴えられる

人格権侵害

童謡の「森のくまさん」の日本語の歌詞を手がけた男性が、替え歌を歌っているお笑いタレントとCDなどを販売する会社に対し、「著作者としての人格権を侵害された」として、販売中止などを求める通知書を送りました。

通知書を送ったのは、「森のくまさん」の日本語の歌詞を手がけた大阪府の馬場祥弘さん(72)

「森のくまさん」(もりのくまさん、森の熊さん)は、アメリカ民謡を原曲とする童謡。

また曲のメロディーは異なる歌詞で複数の曲に使用されている。


誰が替え歌で訴えられているのか?

パーマ大佐(パーマたいさ、1993年8月26日 - )は、日本のお笑いタレントである。埼玉県北本市出身。太田プロダクション所属。本名、國土 郁音(こくど いくと)

問題の替え歌動画



著作権はどこに?

日本の著作権法上は、歌詞と曲は別の著作物となります。

「森のくまさん」についてJASRACのサイトで検索してみると、曲については既に著作権の存続期間が過ぎていると考えられ、PD(パブリックドメイン)作品になっています。

今回は、「森のくまさん」を日本語訳した「森のくまさん日本語バージョン」の歌詞についての著作権が問題となりました。

外国語を翻訳した歌詞であっても、翻訳そのものに創作性があるので著作権は生じます

なるほどねぇ。翻訳詞であっても著作権は生じるわけね。

馬場祥弘=『森のくまさん』の日本語訳詞者。

この歌が『みんなのうた』で紹介された当時は日本語作詞者は不詳とされていたため、「作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)、編曲:玉木宏樹」とされていたが、

その後、馬場祥弘による「『森のくまさん』は自身が作詞・作曲した作品である」という主張が認められ、一時期は「作詞・作曲:馬場祥弘」としてJASRACに登録されたが、その後の調査で原曲となるアメリカ民謡の存在が判明

んん?

馬場さん?ちょっとおかしくない?日本語作詞はまだいいとして、作曲も主張してたの?

いや調べてみるともしかしたら訳詞すらしていないとかなんとか・・・

時系列

・アメリカにあったアメリカ民謡の「森のくまさん」を後藤田氏(みんなのうたプドデューサー)が見つける。

・アメリカ民謡の「森のくまさん」を玉木宏樹氏が編曲する。

・数年後馬場祥弘さんが作詞作曲の権利を主張し、権利が認められる。

・約15年後に後藤田氏がアメリカの原曲を見つけ出す。

・馬場祥弘さんの作曲権利を剥奪する。

・作詞が馬場祥弘さんを否定する証拠がないため権利は馬場祥弘さんになっている。


どうにも馬場氏がなんか・・・なんか・・・

「森のくまさん」は馬場氏が中学生時代にアメリカ民謡を翻訳して、合唱団に歌ってもらっていたと言う。

え、じゃ作曲は自分じゃないって明言しちゃってるよね。

てか中学生で・・・
MHF001653_20170120010442710.jpg

どうも訳詞すらしていないし、他の多数のものも作者不詳のを探してきては著作権登録しているとかどうとか。

弁護士がヤバイ

ただね、今回はそれ以上にヤバイ。

三木秀夫弁護士は2007年、高級料亭「船場吉兆」の料理使い回し発覚で同社の謝罪会見に女将の湯木佐知子氏と同席。

また2014年のSTAP細胞の論文問題では、小保方晴子氏の代理人を務めるなど敏腕弁護士

そう、今回の弁護士は超敏腕。パーマ大佐に勝ち目はない。

というか、馬場氏の真偽がどうであれ、この弁護士を代理人に出来るってあたりがやっぱ強い。

業界のコネが強力なのは間違いない。

それに比べて大佐・・・

まぁ大佐もかなりのものなんだけどね。

パーマ大佐=母はピアニストの國土浩子、父は音楽評論家の國土潤一、姉は作詞家の國土佳音という音楽一家の出身。2歳からピアノの英才教育を受ける。

音楽業界ではかなり有力なはずだ。

ただ音楽一家に生まれながらお笑い芸人の道を進んだことで、家族が協力関係になければどうにもならない。

2014122118373354e.png
パーマ大佐「グアアアア・・・」

姉「パーマがやられたようだな…」

母「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」

父「馬場如きにやられるとは家族のツラ汚しよ…」


というわけで、ちょっと今後が気になるけれど、結果が出る頃にはみんな忘れてるよね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。