「カオス理論とは、力学系の一部に見られる、数的誤差により予測できないとされている複雑な様子を示す現象を扱う理論である。つまり未来を予知することは絶対不可能ってことだ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』【動画】

Dauntless』(ドーントレス)はFree-to-PlayタイトルとしてPC向けに2017年リリース予定。


現在はTech Alpha段階。安定が確認されたらFounder's Packs購入者向けにFounder's Alphaを公開予定。その後、夏にクローズベータ、秋にオープンベータに突入。

現時点でコンソール版(PS4/Xbox One/Switch)は計画していないが、無いとは言い切れない。

Xbox 360/Xbox Oneゲームパッドを含む多くのコントローラーをネイティブにサポート予定。

北米以外にも欧州、アジア、豪州を含め世界的にサーバーを用意。

仲間のスレイヤーと出会い交流を深め、ギアを強化したりミッションを選択したりするソーシャルセンター“Ramsgate”。

最初からスレイヤー(キャラクター)を作ることができ、武器や装備によって能力を変更する。

伝統的なクラスシステムは備えておらず、各武器に独自の攻撃、能力、長所と短所がある。プレイヤーは厳格に役割を固定せず、状況に合わ
せてロードアウトを変更し、ダイナミックにアプローチ可能にする。

クラフト機能搭載。公式ブログにていくつかの情報が紹介されている。

少なくとも1つの遠距離武器を収録予定。

プレイヤーはRamsgateでスレイヤーグループを形成し、大小様々な島の1つに向かう。

島内はシームレスでエリア間の読み込みは無い。

フレンドリファイアはなし。

複数のベヒーモスの開発に取り組んでいるが、それらの小型バージョンは計画していない。しかし、雄牛のようなより小さい生物が存在しており、
プレイヤーは作用が可能。

4人以上のパーティでのより大きな遭遇を今後検討するかもしれないが、ローンチ時点では最大4人となる。

PvPはローンチ時に搭載されないが視野に入れている。

ギルドやクランの機能搭載。公式ブログでも紹介されている。

協力的な競争を行う最善の方法を探っている。それがスコアボードであるならそれを追求する。

トレード機能はなし。

ローンチ時点で戦闘可能なペットは計画していない。

ローンチ時点で料理システムは搭載されない。

アーマーは異なるアーマーセットで性能を調整可能。

ローンチ後にも武器を含む多くのコンテンツを継続して追加予定。




> Dauntless - Google 検索 ココ!

PS4でモンハンワールドが発表されたけど、これ系ってあんま外人受けよくないよね。

銃火器でドーン!ババーン!じゃないとさ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHF カオス理論

どーもジャスラックです。噂のジャスラックです。口笛ひとつでも著作料金の徴収に参上!!

記事一覧

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

狩るか狩らぬかカオス理論

アクセスカウンター

ランダム

最新コメント

<>+-

人気記事

・

MHFブログリンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。